忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


9月9日金曜日、タイムズ紙にキャラのインタビュー記事が掲載されました。その内容をご紹介します。
----------------------------------------
目に見えない悪魔が、リバプールのヒーローを駆り立てる
---マシュー・サイド(タイムズ紙)

先月、リバプールがボルトンを相手に勝利した後の月曜日。アンフィールドのクラブはプレミアリーグで現在3位、2連勝して順位を上げ、ジェイミー・キャラガーにはもう一つ祝うべき理由があった。彼はロンドンのサヴォイ・ホテルにチェックインしたばかりで、ニコラとの結婚記念日を祝うために、妻と特別な食事をとるところだ。

しかし困ったことがある。キャラガーは心配している。彼は落ち着くことができない。一つのシーンが彼の心を繰り返しよぎっている。ある試合のロスタイムでの小さなミス、結果に何の影響も及ぼさなかったのだが、それがずっと彼を悩ませている・・・そしてどうしても頭から離れない。それは単にこの一日をゆううつにさせるだけでなく、インターナショナル・ブレークの間中影を落とす恐れがある。
PR

移籍市場を終えて、コモリのインタビューが公式HPに掲載されています。
-----------------------------------------
まず初めにダミアン、移籍市場でのあなたの仕事を振り返る時間がありましたね・・・クラブが獲得と放出した選手の動きに関して、あなたはどれくらい満足していますか?

そうですね、私たちは非常に満足していますが、移籍市場でどれだけ良くやれたかは、シーズン中に私たちが何をしたかで決まるでしょう。大勢の人々が「自分の仕事に満足しているか?」と私に聞きます。私の答えはいつも、イエス、しかし5月の終わりに我々がどの位置にいて、リーグ戦とカップ戦の両方でどれだけ良くやれたかを見てみよう、というものです。

加えて、これは1シーズン限りの仕事ではなく、2シーズン、3シーズン、4シーズンをかける仕事です。特に我々がやったように、若い選手たちに投資した場合はです。今シーズン、次のシーズン、その次のシーズンと過ぎて、願わくは2011年の夏をこう振り返りたいですね・・・あれが決定的だった、私たちにはそれがわかっていたと・・・その時には、自分たちがやった仕事に満足できるでしょう。
今うわさの渦中にあるコアテスが、ウルグアイのメディアのインタビューに答えています。リバプール移籍について語っていますので、内容を訳してみました。急いでざざっとやったので、間違いがありましたらご容赦ください。
---------------------------------
では、とうとうリバプールから正式オファーが届いたんですね?

うん、届いたよ。そして僕たちは、マンチェスター・シティからのオファーを待っているところなんだ。

先週と比べると、少なくとも私たちは、あなたが今イングランドに向かいつつあることを知っています。

うん、でも移籍市場はあと数日で閉まるところだから、ちょうど今は何が起きるかわからない時期だ。

公式HPより、合同記者会見でのアダムの記者とのやり取りです。
-----------------------------------------
adam-int.jpg●アダムインタビュー

ケニー・ダルグリッシュがあなたを車に乗せてメルウッドのゲートを通り抜けた時には、やっとここまで来た、長い時間がかかったなとあなたは感じていたに違いありませんね?


長い4、5か月だったし、1月にはあれだけうわさが飛び交い、もちろんきつかったよ。ここのようなクラブに加入するチャンスが訪れた時には、もう2度とこんなチャンスはこないかもしれないと思うものなんだ。幸運なことに、僕には夏にもう一度獲得に来てくれた監督がいたよ。そのおかげでこのクラブに加わることができて、僕はとにかくうれしかった。


水曜の午後、新加入の選手たち4人そろっての記者会見が行われました。公式HPには、それぞれの選手たち(アダムを除く)のコメントの内容が紹介されています。
--------------------------------------------
dawning-int.jpg●ダウニングインタビュー(公式HP)

あなたのリバプール移籍に関しては、うわさが数か月に渡って続きましたね・・・それがとうとう実現した時には、どれだけ安堵しましたか?

ちょっと時間はかかったけど、交渉事というのは何でもそうだと思うよ。アストン・ヴィラに加入が決まった時も同じような状況だった。しかし今は僕はここにいて、全てが完了したことに満足しているよ。

昨夜(日本時間今朝)、今季プレミアに戻って来るリーセのインタビューがLFC.TVで放映されました。その内容が、公式HPに紹介されています。
----------------------------------------------------
ヨン・アルネ・リーセ インタビュー(公式HP)

この30歳になる選手は、白いキャップをかぶり、日焼け止めローションをしっかりと塗っていた。この時期のアルガルヴェでは日焼けの用心は必須で、ここで有名人たちやフットボーラーが集まり、スティーブン・ジェラードも交えたゴルフトーナメントが開催されている。

空には雲ひとつなく、あたりの静寂を破るのは、ゴルフクラブがボールを叩く金属音と、時おり聞こえてくるゴルフバギーの音だけである。しかし、その静寂はちょうど中断されるところだった。

その響きはリバプールファンにとってはおなじみである。その言葉も。おそらくあなたたちは、ある歌手のことさえ思い出すかもしれない。DJ SpoonyはBruce Channelの「Hey Baby」の中でそのKOPソングを歌い出し、リーセがどのようにして「あの」ゴールを決めたのかと歌った。別のゴルファーが我々の中に加わってきて、すぐにGinge(彼の元チームメートたちが呼んでいたあだ名)は一緒に歌い出して手を叩き、彼の顔は喜びでいっぱいだ。
スペインのフットボール誌「Don Balon」に掲載された、スアレスのインタビュー記事です。スペイン語からの翻訳なので、いい加減なところがあるのはご容赦ください。
-------------------------------------------------
コパ・アメリカでは、あなたたちはアルゼンチンやブラジルと並んで優勝候補の一角です。この大会に挑むにあたっての目標は?

ウルグアイはコパ・アメリカでは常に優勝候補の一角だと思う。幸運なことに、僕たちは好調だ。このチームだけでなく、ウルグアイは下の年代の代表も成長しているよ。彼らはロンドン・オリンピックの予選を通過したしね。

公式HPに、アロンソのインタビューの抜粋が掲載されています。
---------------------------------------
バルデベバスに建つ印象深いレアル・マドリーのトレーニング複合施設、そこの奥深い個室を訪れた際、彼の広報担当者が我々に、このインタビューを行うのに20分もあればいいだろうかと尋ねた。それに対し、アロンソはこう答えた。

「いや、彼らは必要なだけ時間を使って構わないよ。」このスペイン人はこう言った。マージーサイドからマドリーに籍を移して以来、彼の最も詳細に渡るインタビュー・・・間もなくLFC TVでフルバージョンが放映される・・・において、彼のアンフィールドキャリアでの勝利と苦悩について心を打ち明けようとする、その席に着く直前のことだった。

アロンソのリバプールでの物語は、チャンピオンズリーグとFAカップでの成功、とてつもないロングレンジのゴール、ディフェンスを切り裂くパス、そして全般的な中盤の支配である。
しかし、その全ての終わり方はある種の後味の悪さを残した。
アロンソのマドリー移籍が決まった時には、世界中のファンたちが打ちひしがれた・・・当時の監督であるラファエル・ベニテスが移籍市場でギャレス・バリー獲得に興味を示して以来、12ヶ月間に渡って取りざたされた移籍だった・・・それが2009年の夏にとうとう実現した。
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
 | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ