忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1989年4月15日、ヒルズボロ・スタジアム。ここで96人のリバプールサポーターの命が失われ、200人以上が重軽傷を負うという大惨事が起こりました。今年も4月15日には、キャプテンとファウラーをはじめとして選手全員が参加しての追悼がアンフィールドで行われます。
公式HPでは、当時の選手たちがその時のことを語っています。
------------------------------------------------------------------
1989年4月15日、25,000人のリバプールサポーターがFAカップ準決勝、対ノッティンガム・フォレスト戦を観るためにヒルズボロへと旅立った。そのうち96人は二度と帰らなかった。
太陽は輝き、両方のクラブとファンたちにとってすばらしい一日になるはずだったその日は、かつてイングランドの試合で起こったことのない、最も恐ろしい大惨事に姿を変えた。

96人のリバプールサポーターは、キックオフ直後にレッピング・レーン・エンドで圧死した。イングランドとリバプールフットボールクラブは特に、決して同じことは繰り返さないだろう。しかし・・・涙と、スカーフと、花と葬儀の最中に、クラブとサポーターは信じられないような絆で結ばれた。選手、スタッフ、そして世界中のファンはクラブの歴史の中で最も厳しい時間を共に支えあった。

4月15日のヒルズボロの事件はKOPに他のどの日よりも衝撃を与えた。しかしその直後の時期、サポーター、選手とLFCはお互いを支え慰めあい、我々全員がなぜリバプールフットボールクラブをサポートするのかを浮き彫りにした。

96人のレッズは我々の記憶に生き続ける。

ジョン・オルドリッジ(LFC player 1987-89):
もしも私がフットボーラーになっていなかったら、1989年の4月15日にレッピング・レーンのテラスの中にいたのはまず間違いない。あの日、ファンである私は、リバプールのFAカップ準決勝を決して見逃すまいと思っただろう。そして当然ノッティンガム・フォレスト戦のために他の皆と一緒にシェフィールドへ旅立ったはずだ。
しかし、運命はジョン・オルドリッジをあの日別の場所にいるよう定めた。私はレッピング・レーンのテラスではなく、ヒルズボロのフィールドに立っていた。リバプールのチームの一員として、何がそこで起こっているのかも知らずに。

ジョン・バーンズ(LFC player 1987-97):
1989年4月15日の土曜日は、FAカップ準決勝リバプール対ノッティンガム・フォレスト、会場は、シェフィールド・ウェンズデーのホーム。興奮の一日となるはずだった。私はあの日について考えないようにしている。しかし、決して忘れることはない。あの事件はまるで悪夢が展開しているかのようだった。

ケニー・ダルグリッシュ(LFC manager 1985-91):
私は決して、決して1989年4月15日を忘れない。私はあの多くの悲惨な記憶が押し寄せてくることなしには、ヒルズボロの名前を思い浮かべることも、その言葉を語ることもできない。
ヒルズボロについて書くのはとても難しい。警察とフットボール双方の当局に恐ろしいミスがあり、結果として96人のサポーターが亡くなった。あの記憶は私の残りの人生の中にずっと残り続けるだろう。
PR

10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
 | HOME | 
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ