忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


イングランド代表はマケドニア相手にスコアレスドロー。ジェラードはイエローを貰ってしまい、次のクロアチア戦は累積で欠場です。ジェラードと監督のコメントです。
----------------------------------------------------------------------------
●ジェラード(Sky Sports)
「選手としては全ての大きな試合でプレーしたい。だから3ポイントを取り逃しただけじゃなく、クロアチアの試合に出られずに家に帰るなんて本当に不満だ。僕は家から仲間を応援するよ。うまくいけば、彼らはいいパフォーマンスに立ち返って結果を残してくれるだろう。
レフェリーの判定にはすごくがっかりした。僕は自分はボールに行っていたと彼に言って、彼はそれには同意したけど、勢いで相手選手を倒していると答えたんだ。

僕は運を変える必要があるね。今シーズン、もう4回か5回はバーやポストに当てている。いいシュートは打ってるんだけど、たぶんちょっと強く打ちすぎているんだろうね。時々は打ちそこなったときのほうが入るんだよ。」

PR

TEAMTalkより、ジェラードについてフランク・ランパードとオーウェン・ハーグリーブスのコメントです。
---------------------------------------------------------------
●フランク・ランパード
「スティーブンはすばらしい選手だし、もしキャリアの早い時期に怪我をしていなかったら、今よりももっと多くのキャップ数を持っていただろう。でも彼は本当にすばらしい選手だし、今とてもいいプレーをしている。リバプールと同じようなやり方でプレーするのを、楽しんでいるんだと思うよ。彼は右サイドでほんのちょっと束縛から解放されて、今までロッカーにしまっていた全ての特色を出してプレーしているね。

(ハーグリーブスと自分ののコンビは)うまく機能しているよ。オーウェンはとてもよく動いて後ろでボールに競り勝ってくれるから、僕は前に上がってフィニッシュの機会を伺える。
アンドラ戦であまり前に行けなかったのは中盤での仕事が忙しかったせいだけど、それはボールを動かし続けようとしなくてはならなかったからだ。オーウェンと組んでプレーするのは楽しいし、ここ何試合かでスティーブンとスチュワート・ダウニングと一緒にプレーしたのも楽しかったよ。とても良く機能しているね。
オーウェンは、何よりまず守備の意識が強いプレーヤーだ。彼は中盤に留まることが多いけど、僕のスティーブンの場合は、交互に前に出たり後ろに残ったりすることが多い。」
BBCより、イングランド代表のアンドラ戦後のコメントです。
----------------------------------------------------------------------
●ジャーメイン・デフォー
「人々が間違っていることを証明したかったよ。僕はワールドカップをTVで見ていて、その間ずっと、そこにいられたらと思っていた。キャリアの中で失望を感じたことも何度かあったけど、それは時に人を強くしてくれる。
僕が取り残されたとき、どんな風に感じていたかを言葉にするのは難しい。ものすごく滅入ることだったけど、周りにすばらしい人たちがいてくれて、彼らが僕を支えてくれた。」

●マクラーレン監督
「デフォーとクラウチはパートナーシップを形成している。ピーターは驚異的だった。彼は信じられない記録をあげている。彼はディフェンダーにとって手に負えない選手だが、彼の献身についても誉めなくてはならない。
私がピーター・クラウチの好きなところは、彼がチームプレーヤーだということだ。私たちは彼のスタッツを取り、彼の走る量を見ている。誰もがミッドフィルダーが一番だと予想するだろうが、一貫して彼がピッチの中で一番多く走っているんだ。」
イングランド代表はアンドラ相手にホームで5-0と快勝。ガーディアン紙より、スタメンフル出場し、2得点をあげたクラウチのコメントです。
-----------------------------------------------------------------
少なくとも、僕はプランには入っています。イングランド代表のスターティングラインナップを自分のものにしたなんて考えるのは、誰にとっても難しいですよ。常に誰かが自分を追い越そうと狙っているものだし、またそうでなくちゃならないんです。負傷者と出場停止があったことが、ジャーメイン・デフォーと僕にチャンスをくれました。そして、アンディー・ジョンソンとダレン・ベントも代表に入っていて、彼らは自分を印象づけるチャンスを狙っているでしょう。

僕はリバプールでも何も保証されていませんよ。チームはどんどん補強されていますから、スタメンに留まるのは難しくなっていくでしょう。でも僕は今のところラファのプランAの中に入っていますから、それ以上多くのことは求められません。リバプールがやっているようなたくさんの大会をこなすためには、徹底的に補強する必要がありますし、監督は選手をローテーションすることを望んでいます。
16日のイングランド代表戦は、リバプールキャプテンは右サイドでプレーしました。試合後のコメントです。(Liverpool Echo)
-------------------------------------------------------------------------
僕たちはチームとしてプレーしなくてはならない。
僕は楽しんでプレーしたよ。ボスが僕にどんなプレーを望んでいるかをわかっていた。僕は彼と話し、彼は僕に前に出て欲しいと言ったんだ。
彼は僕にトライするのを恐れるなと言い、僕がやったことはそれさ。うまく機能したし、すごく楽しんでやれたよ。それが僕だからね。前に出て、自由にやる。
完全に自由な役割というわけではないけどね。僕は後ろに戻ってギャリー・ネビルを助ける責任がある。でも、監督は数日前に僕を呼んで、リバプールでやっていることをイングランド代表でも始めて欲しいと言ったんだ。
新しいイングランド代表キャプテンは、ジョン・テリーに決定しました。リバプールキャプテンは代表では副キャプテンです。ジェラード、テリー、マクラーレン監督のコメントです。
-----------------------------------------------------------------------
●ジェラード
「ジョンがイングランド代表キャプテンに指名されたことに、おめでとうと言いたい。彼は偉大な仕事を間違いなくやれるよ。彼はチェルシーのすごいリーダーだし、あの役目に必要なすべての資質を兼ね備えている。
僕が今日、スティーブ・マクラーレンに副キャプテンに指名されたのもうれしいよ。スティーブがわざわざ時間をとって僕に電話をくれて、彼の決定を知らせてくれたことに感謝している。
イングランド代表にはクラブでキャプテンをしている選手が大勢いる。僕たちはスティーブとジョンを100%サポートするよ。」
10 2019/11 12
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<前のページ  | HOME | 
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ