忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CLセカンドレグ、ミランとビジャレアルがまずは勝ち抜け。水曜はユベントスvアーセナル戦があります。
ホームで2-0と完勝した上にユベントスには出場停止が多く、アーセナルが非常に有利なことは間違いありません。しかし、ベンゲルさんは選手たちが油断しないようにうまくコントロールしているようです。監督と選手のコメントを集めてみました。
--------------------------------------------------------------------------------
●ベンゲル監督

(トリノでのコメント)
「私は非常に現実的だよ。2ヶ月前はみんな我々を笑いの種にしていた・・・そして今は突然欧州カップの優勝候補だ。事実はその間のどこかだろう。
我々は優勝できる、しかしまずはユベントス戦にベストを尽くし、準決勝に勝ち上がることに集中する。

この2ヶ月の間我々がやってきことは、まだプレミアシップと欧州カップが我々の手の中にあるということを確かめただけだ。プレミアシップで我々は、我々の今までの成績---いつもどおりとはいえない成績---によってあのポジションにいる。ヨーロッパでは、明日のトリノでの結果にかかっている。

監督として、私は自分がチームの最大限の力を引き出していると感じたい。私は自分が何を成し遂げ、何を成し遂げていないか自分の哲学と感傷を持っている。私は自分ができる限りのことを成し遂げたいと思っており、それがいいか悪いかは他人が判断することだ。それは私の仕事ではない。
国内では我々は非常によくやってきた。しかし欧州レベルではほんの断片しか成し遂げていない。毎年我々はその断片を組み上げるチャンスを得てきたんだが。
PR

リーグでは低迷、CLでは勝ち上がっているという去年どこかで見たようなアーセナルですが、ベンゲルさんもやはりリバプールを意識しているようです。

●ユベントス戦前のベンゲルのコメント(リバプール公式HP)

「我々は出来る限りリバプールをなぞって行きたい。彼らは我々に、我々が成すべき偉大な見本を示してくれた。
リバプールは昨年、国内リーグの1位からは遠く離れていたが、それをやってのけた。しかしそれは、彼らがやったからといって我々も自動的にできるという意味ではない。我々は実現するんだ。
彼らと我々の状況を比較することはできるだろう。しかしその違いは、彼らはすでにそれを成し遂げたと言うことだ。我々はこれからユベントスと対戦し、彼らを破らねばならない。
準決勝に行くだけでは意味がない。これはカップ戦であり、カップを取るのが勝利するということだ。
もしも準決勝に行き、そこで敗退したら、人は『アーセナルは準決勝まで行っただけ』と言うだろう。決勝へ行き、そこで敗れたとしたら、人は『アーセナルは決勝で負けた』と言うだろう。だから我々は前へ出て勝利をつかみに行くだけだ。
長い間、私はこのチームが進歩し続けていると感じていた。ユベントスとの対戦で、あなたたちはそれを再確認すると私は確信している。」

-----そして2-0での勝利後-----

●ユベントス戦後のアンリのコメント

「まだ"ハーフタイム"まで来ただけだ。僕たちはホームでやらなければならないことをやった。それはゴールを許さないこと。そして今、もうひとつ難しい試合が僕たちの前に残っている。
セスクは本当にすばらしかった。彼はパトリック・ビエラとだけでなく、エメルソン、カモラネージ、ムトゥとも戦ったんだ。」

●ユベントス戦後のセスクのコメント

「チームの皆が100%で戦ったと思う。僕たちはどんどん良くなっているし、まだ進歩するよ。ひとりひとりの選手がすばらしいパフォーマンスを見せた。
まだ今は試合の"ハーフタイム"だ。これから敵地に向かうんだからね。今日の僕たちのプレーぶりを見れば、僕たちが試合を支配していたのがわかると思う。2点を決めたのはいい結果だった。でも、まだ終わったわけじゃない。イタリアでも今日のようにプレーできれば、勝ち抜けるのは間違いないよ。」

---------------------------------------------------------------------
アーセナル完勝でした。勝てたことはもちろんですが、相手にアウェイゴールを許さなかったのが大きかった。ユベントスはヴィエラ、カモラネージ、ゼビナをセカンドレグに失って苦しいですね。
ユベントスの前線の孤立っぷりは、ちょっとFWばかりを責めるわけにはいかないでしょう。ネドベドがいないと中盤と前線を繋ぐプレーヤーがいないんでしょうか。

セスクはすごかったですね。前へ出て行くセンスがいい。シュートを打ててチャンスメークも出来て、ロングパスの精度もまずまず。中盤のタレントに関してはスペイン代表は豊富ですねえ。バルサのチャビが戻ってきたら誰がスタメンを掴むんだろう。アロンソも負けるなよ。
ミッドウィークの試合がないのは、代表戦も入れるとほとんど2ヶ月ぶりでしょうか。選手の皆さん本当にお疲れさまです。プレミアの選手というのは1年の4分の3を走り続けるマラソンランナーのようですね。しかもその間中ぶちかましあったり削りあったり(笑)。
本当なら今週はCLの試合があったかもしれないんですが、まあ過ぎたことは置いておいて、他のチームの試合を注目したいと思っています。
個人的にはプレミアで唯一残っているアーセナルに頑張って欲しい。チームの状態もマドリー戦あたりから上向きですし、チームの置かれた状況が去年のリバプールに似ていて他人事と思えない・・・。そんなわけで、アーセナルvユベントスのニュースをちょこっと拾ってみました。
-------------------------------------------------------------------------------
●負傷・欠場情報
・ソル・キャンベルは足首の怪我は回復したものの、今度はつま先を痛めてユベントス戦は欠場の見込み。

・リュングベリはふくらはぎの負傷で欠場、レジェスはハムストリングの負傷で出場は微妙。アデバイヨルはカップタイド。

・デル・ピエロは土曜のローマ戦で腿を傷めて欠場。ネドベドはイエロー累積で出場停止。

●その他の情報
・前回の対戦は2001/2002シーズンの2次グループリーグ。アーセナルはハイバリーで3-1で勝利、その後トリノで0-1の敗戦。この時は両チームとも準々決勝進出を逃している。

・アーセナルは現在CLで6試合連続無失点。7試合連続になるとACミランの記録に並ぶ。

・イエローカードを受けたら次節出場停止になるのは、
 アーセナル:トゥレ、レジェス
 ユベントス:カモラネージ、コバチ、ヴィエラ、テュラム
10 2019/11 12
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<前のページ  | HOME | 
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ