忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


まずはキャプテンお帰り!チームはしっかりと勝利して次のラウンドに勝ち進み、キャプテンが6か月ぶりに復帰して15分間ピッチに立ち、ケリーもほぼフル出場を果たし、レッズファンにとっては大変めでたい一戦となりました。前半は非常に良かったです。前線にスアレス、ベラミー、カイト、マキシの4人を配し、基本的にはスアレスとベラミーが2トップの
   スアレス ベラミー
マキシ         カイト

こんな感じですが、4人とも目まぐるしく動き回り、特にベラミーとカイトは頻繁にポジションを入れ替えていました。この4人が上手く連携する中に、右サイドのケリーや中盤のルーカス、スピアリングが顔を出して、圧倒的に試合を支配していました。前半のポゼッションは65%。先制点はスピアリング → マキシ → スアレスとパスを繋いで、スアレスがボックス内に走り込んで来たベラミーに絶妙のパスを渡し、ベラミーが左足できっちりと決めました。この試合のベラミーはすばらしかったです。常に相手の脅威となり、スピード、スタミナに年齢の全く衰えは感じられませんでした。勝利への気持ちが感じられる熱意のこもったプレーが、見ていてうれしかったです。
前半は他にも絶好機がいくつかありましたが、決めきれずに1-0のままで終了。この良い流れをそのまま後半に持ち込みたかったんですが、後半になると攻め疲れもあったのかホームチームの反撃に押され気味になり、防戦が目立つようになりました。ん?どこかで見たことのあるこの展開・・・そう、リーグ開幕のサンダーランド戦に似ていました。あの時も前半で決める時に決めきれず、それが後半につけとなって現れました。

今回が違っていたのは、後半しっかりと相手を突き放す追加点を決めたことです。攻め込まれてゴール前まで引いた状況で、ボックス内でクリアしたボールをキャプテンが素早く前に残っていたベラミーに送り、長い距離を走り込んで来たマキシからカイトへと繋いで決めた、きれいなカウンターでした。スパーズ戦ではベンチを温めたベテランたちが、この試合ではすばらしいプレーを見せてくれました。相手が違うので一概に比較できないことは重々承知の上で、それでも日曜の試合に彼らを使って前線でこんなプレーができていたら、あの試合はどんな風に違っていただろうと夢想せずにはいられませんでした。ウルヴズ戦にケニーはどんな選択をするのか、週末に向けて楽しみが増しますね。

終了間際には失点してしまいましたが、ボックス内でボールをクリアしようとしたスピアリングが足を滑らせて転んでビセンテにボールをさらわれ、キャラが止めようとして倒してしまったPKです。スピアリングもキャラも、そのプレー以外はとても良くやっていたと思います。特に後半のキャラは、何度も相手の攻撃を止めていました。

負傷から帰って来たケリーは、守備では相手チームの一番の脅威だったクレイグ・ヌーンと対峙し、しっかりと押さえていました。機を見て積極的に前に上がるプレーも見せており、週末の右サイドバックは彼で決まりでしょう。コアテスは後半立ち上がり、味方が誰もいないところに横パスを出して相手にさらわれ、バーに当たるシュートを打たれるというミスをしましたが、それ以外は手堅いプレーで、ポジショニングの良さと1対1の強さが見られました。スタメンデビューであれだけやれれば上々、すぐにレギュラーを奪うとまではまだ行かないですが、これから試合を重ねるに連れてどんどん良くなって行くと思います。

キャプテンは15分間のみのプレーで、彼らしい凄みを出すまでは行きませんでしたが、とにかくピッチに立てたことがめでたいです!ひっさしぶりに「スティージェラージェラー」というチャントが聞け、それだけでもう大満足でした。彼もこれからです。

空気を読まずに気になったことを言えば、後半に相手に攻め込まれるとずるずると下がってしまい、間延びした最終ラインと中盤との隙間を相手に楽々と使われていたのがどうもまずかったです。ここはなかなか改善されませんね。スパーズ戦と同じメンバーはキャラ、ルーカス、スアレスの3人だけ、そして相手も違い、それでも同じ問題が見えたということは、これはチームとしての守り方なんでしょうか。考えてみれば、クラークがいた時のチェルシーも、同じように最終ラインが深く下がる守備をしていました。あの時のチェルシーと今のリバプールの違いは、チェルシーの強烈カウンターを担っていたスピードのある両翼が、リバプールにはないことです。だったらリバプールはもっと頑張って高いラインをキープしなけりゃいけないんじゃないの・・・と、小さな疑惑が湧いたのでした。ここはこれから見守って行きたいと思います。

試合後のケニーと、キャプテンのコメントです。
------------------------------------------
●ケニー(公式HP)
「彼(ベラミー)はすばらしかったと思う。彼が加入した時に私たちは、彼は貢献してくれるだろうし、それは長くかからないと言った。
彼はフットボールをプレーすることを愛している。熱意に燃え、非常にフィットしている。彼はこのフットボールクラブを愛している。彼はこのクラブのサポーターで、そういう話は時々聞き飽きたように感じることもあるが、しかし彼は本物のサポーターだ。そして、ピッチに出て行ってこのクラブのために全力を尽くしたいと思っているんだ。

スアレス、マキシ、カイト、ベラミー、前線の選手たち全員が良く連携していたと思う。クレイグは優れたフットボーラーで、彼は賢い選手だよ。そして彼ら全員が、クレイグと良く連携できていた。彼らは仲良くやって行けそうだね。

(キャプテンの復帰について)彼の復帰が見られたのは、このフットボールクラブに関わる全員にとってすばらしいことだった。これまで彼は落胆していたが、この15分間は彼を元気づけてくれるだろう。
私たちは、彼がここまで回復するまでにやって来たのと同じように、状態を念入りにチェックするつもりだ。注意深く扱わなければね。スティーブンがいつフルスロットルになれるかはわからないが、間違いなくスカッドを大幅に強化してくれる。
移籍市場が閉じた時、私たちはこう言った。自分たちがやったビジネスに満足しており、スティーブンの復帰は、彼が6か月間離脱していたことを考えれば、まるで新たな獲得のようになるだろうと。我々の護符が復帰するというのは、私たちにとって、実に、実に大きな力だ。私たちにとってすばらしいことであり、スティーブンにとっては最高だよ。

選手たちの前半のパフォーマンスはすばらしかったと思う。日曜の皆の落胆に、彼らは応えたと思うよ。そういう仕事ぶりをしてくれたことは、彼らとこのクラブの功績だ。
あのフットボール・・・あのパス・アンド・ムーブ・・・それは並外れたものだった。そして、あれを90分間続けるのはとてつもなく難しいんだよ。

難しい試合であり、我々にとってはポジティブな結果だった。スティーブンが15分間プレーしたこともまた、ポジティブなニュースだったよ。
ジャック・ロビンソンは90分間プレーをし、セバスティアン・コアテスもだった。マキシは試合に出場し、良いプレーをしてくれた。クレイグはすばらしい試合をして得点を決めた。マーティン・ケリーもほとんど90分間プレーした。つまり、我々にとってすばらしい夜だったね。
私たちのスカッドは昨シーズンよりも強さを増しており、それが我々が選んだこのチームに反映されたよ。選手を選べるのは、スカッドの中からしかない。

(シーズンのここまでにどんな感想を持っているかと問われて)15ポイントを獲得して順位表の首位に立っているマンチェスター・ユナイテッド以外のどことも同じ様に、もっと良くやりたかったと思っているよ。しかし、昨シーズンの今ごろよりも良い位置に自分たちがいると十分に理解できるだけ現実的だ。」

●キャプテン(公式HP)
「(ブライトンが押していたことで彼の投入は遅れたのか、と問われて)実はそうだったんだ。もし僕たちがハーフタイムに2点か3点リードしていたら、もうちょっと早い時間に入っていたかもしれない。しかし今夜は僕のためにあったわけじゃないからね。次のラウンドに勝ち進み、トッテナム戦のパフォーマンスを振り払うのが目的だった。僕たちは今夜それをやった。

これからは監督次第だね。僕は6か月間も離脱していたんだから、トレーニングをしっかりと積み、試合の出場時間を積み重ねて行かないと。そうすればマッチフィットネスを取り戻し、以前の状態に戻れる。
最初のテストを切り抜けられて、とにかくうれしいよ。まずは明日トレーニングをして、うまく行けばウルヴズ戦のメンバー18人の中に選ばれ、さらに出場時間を積み重ねることができるだろう。

(ブライトンの選手、リバプール出身のクレイグ・ヌーンについて)彼は地に足がついた、良いスカウサーだ。ホームですばらしい仕事をし、僕の目には今夜のマン・オブ・ザ・マッチに見えたよ。得点できなかったのは本当に不運で、彼は試合中ずっと脅威になっていたと思う。だから彼に賛辞を送るよ。」
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

キャプテンのチャントを久しぶりに聞いて高揚しました。彼がいるだけでチームが引き締まる感じがします。さすがです。
あと、何となくですが、現状でスアレスはマキシ、カイト、ベラミーの組み合わせの方がやりやすそうな気がしました。ストライカーは固定して欲しいので、前線はスアレスがプレーし易い形を優先すべきと思いますが…

キャプテンも復帰し、これからです!
選手のチョイスの幅が広いだけに、采配には頭を悩ましそうですね(個人的にはアダムはサブでいいのかな、と)。楽しみです!

Re:無題

>現状でスアレスはマキシ、カイト、ベラミーの組み合わせの方がやりやすそうな気がしました。ストライカーは固定して欲しいので、前線はスアレスがプレーし易い形を優先すべきと思いますが…

そうですね~、でもダウニングもいいですしキャプテンも戻って来るし、ここの組み合わせはいろんな選択肢がありそうで本当に難しい!こういう悩みができたことは幸せですね^^。

無題

フニクラさん、こんにちは。
前半はすごく押してたのに、後半になったら逆にカイトのゴールまで押されてしまいましたね。メンバーは変わっていないのに、何で前半と後半でこんなにパフォーマンスに違いが出るんでしょうか…?不思議でたまりませんでした。
後半は、失点こそスペアリングのミスまでありませんでしたが、スパーズ戦を思い出してしまうような感じだったので、本当に修正してほしいです。
ジェラードの復帰は、本当に待ちに待った感じです。彼が中盤にいるともっと中盤で主導権が握れ、チームも落ち着けると思うので、スタメンでも問題ないぐらいまでコンディションを回復して欲しいと思いました。

Re:無題

>メンバーは変わっていないのに、何で前半と後半でこんなにパフォーマンスに違いが出るんでしょうか…?不思議でたまりませんでした。

私も本当に不思議でした。疲れっていうほど日程がタイトだったわけでもないし、ただただ首をひねってしまいました。押されると修正が効かないっていうのは大問題で、ここがもろいとわかったらどのチームもそこを狙ってきそうです。

無題

 フニクラさんの疑問については、一辺酒を酌み交わしながら、みんなで考えた方がいいよね。
(なぜ、リバプールのラインは低いのか 笑)

 要はディフェンダーが不器用だからだと思うんだけどね。。リバプールを攻略しようと思ったら、超攻撃的にCBにプレスをかけ続けるんですよ。そしたら、レイナへのバックパスが増える。
レイナは大きく前線へ蹴りだす。中盤省略、前線は必然的に孤立してるから、袋叩きにすればいいと。。

 キャラガー、シュクルテルからの精度の低いパスを大体狙ってますよね。。ただ単に味方にボールを当てるだけでなく、受け手がコントロールしやすいフィードをしているかってのも問題だと思うけどな。

 08-09から、09-10、そして今に至るまで、どう選手が変わったかというと、概して、
足元の上手い選手が減り、(プレミアでの経験)と言う名目の元、早くて、フィジカルの強い選手が増えたよね。。誰かがおっしゃってましたが、
急ぐ必要の無いところで、急いでんのよ。。特にアダムね。。落ち着けよと。。。

 まあ、僕はなんだっていいんだけど、ラファのやろうとした事から、180度転換しようとしてるんだったら、時間が掛かる事覚悟してんだろうなあ!!と聴いてみたい気はするねえ。(笑)

Re:無題

>フニクラさんの疑問については、一辺酒を酌み交わしながら、みんなで考えた方がいいよね。
(なぜ、リバプールのラインは低いのか 笑)

すごーーーくやりたいです!グテングデンになってそのうちケンカになるまで(笑)。

>要はディフェンダーが不器用だからだと思うんだけどね。

にわかファンさんのご指摘は全く同感です。そこは結局選手を、ぶっちゃけキャラを代えるしかないのではとずーっと思っていたんですが、この試合を見て、もしかしたらそういうチームプランなのかもという以前からの疑念が、ますます大きくなりました。できないんじゃなく、やらないんじゃないかって。

しかし「パス&ムーブ」をやろうとするなら運動量は必然的に増えますし、そうするとコンパクトにして少しでも走る距離を短くしないといけないですよねえ、うーん。わからない・・・。やっぱり酒でも酌み交わしながら、この話は徹底討論したいです!

無題

フニクラさん、こんにちは〜
ベラミンはホンっとすごかったですねぇ。
バー直撃のミドルなんて、最初誰が打ったんだろって。
キャプテンでも今は無理じゃないかなぁ、あんなの。

彼の不敵な笑みも味方なら頼もしくって、
こっちまでニヤニヤしちゃいます〜。
いい意味でキャロルへのプレッシャー増増ですね(汗)

スピ坊もよかった!
ミドルもゴールまであと一歩のナイスショットでしたし、
なによりPKのきっかけになったゴールライン際での動き…
あれわたしのツボでした(笑)
オフェンスなら最高だった裏への飛び出し!
ゴールラインの向こうが崖ならキレーイに
落ちていきそうなボール残しーの倒れっぷり!
…一瞬ケガしたかってくらいがっくりしてたので心配でしたけど。

前半みたいにポイポイ短いパスがテンポよく繋がるオフェンスは
やっぱり見てて楽しいですね。
マキシやベラミンが居た方がやっぱりいいなぁって。
いろんな意味で狼戦期待しています♪

さいごに…おかえり!キャプテン!

Re:無題

>スピ坊もよかった!
ミドルもゴールまであと一歩のナイスショットでしたし、
なによりPKのきっかけになったゴールライン際での動き…
あれわたしのツボでした(笑)

スピ坊ってぴったりです(笑)。彼のシュートは本当に惜しかったですね。あのクリアミスしてステーンとしりもちついちゃったところは、私的にもツボでした。一生懸命頑張ってコーナーにさせないという気合が入った結果なので、前向きに捕えています。崖から落ちないで良かった!

この試合の前4人が良かっただけに、今日はケニーがどういう起用をするかがすごく楽しみですね~。キャプテンが今度はどんなプレーを見せてくれるかも!

無題

勝って良かったです!
ベラミー動き良かったですね。
マキシにチュウしてましたね〜
なぜか彼のゴールパフォは期待しちゃう。

そして、にわかさんの意見に賛成(笑)
ちょっと議論したいですよねー。

前でムービングできてる時間は良いけれど、
90分ずっとできる訳ないですからね。

もし最終ラインを下げ続けるなら、
4枚のうち2枚はうまく繋げて、かつ真ん中が早く散らさないとキビシイような。。
相手チームに「アッガーのラインを切っときゃOK。キャラがポーンしたの拾ってけ」って指示されてますよね絶対。アッガー復帰まで今後がちょっと心配です。

今日の試合を見て(アダム守備粗いので)あの位置なら、ジェイの方が良いかなと思いました。

いずれにせよキャプテン復帰がとてもうれしいです!
さあこれからこれから〜!

Re:無題

>マキシにチュウしてましたね〜

してました、あれは衝撃シーンでした。写真を探してみたんですが後姿しかなくて、マキシのあの何とも言えない顔を見直せなくて残念でした。でも横のルーカスの表情が秀逸です(笑)。

>相手チームに「アッガーのラインを切っときゃOK。キャラがポーンしたの拾ってけ」って指示されてますよね絶対。アッガー復帰まで今後がちょっと心配です。

そうですよねー、やっぱりここはいろいろ議論したいですね。どういうバランスが一番いいのか?この選手を起用するならここはこういうやり方をしなきゃいけないんでは?などなど、皆さんそれぞれ鋭い意見をお持ちでしょうから、それをぜひとも聞いてみたいです!

無題

フニクラさん、こんにちわ!

後半だけ見たのですが、前半はそんなに良かったのですね。。
後半はひどかった・・・
あんなに相手にポゼッションされて。

「こんな時、バルサはどうする?」なんて事を考えていたのですが、Reds以外の試合を見る気にはなれないので、答えは分かりません。

ただ、ああなった時は思い切って、キャロルへのドーンも有りかな?と。

見ていてつまらないかもしれませんが、ボールが収まれば色々と幅が広がるかもしれませんし、本人はポストプレイが、やっぱりやりやすいかもしれません。キャロルだけは、あんまりムーブして欲しくないんですよね。。

今日は追加点が入ったから、少しは安心しましたが、今のチームでポゼッションを回復したい時どうしたらいいのか?
そこら辺、もうちょっと考えてみます。

Re:無題

前半は良かったんですよ、本当にいいフットボールだったんです。なんでそれが上手く続かないのかなあと考え込む試合でした。サンダーランド戦もそうだったんですが、相手監督が上手く攻めどころを修正して来ると、妙に慌ててしまうんですよね。

>今のチームでポゼッションを回復したい時どうしたらいいのか?

ここは大テーマです。一朝一夕に修正できないような感じが漂うのがちょっと怖い。良い洞察がありましたら、ぜひともお聞かせください。

無題

ベラミーよかったですねー!あのキャノン砲すごかったです!キャロルに負けず劣らずですね
キャプテン、ケリーの復帰もおめでたい
次節は絶対に勝ってもらいたいです!!

Re:無題

ベラミーのFKはすごかったですね!チーム内でキッカー争いでもめそうです(笑)。

無題

無事に勝ちましたね。試合は見れてないのでアレコレ言えませんが。
この試合ではパス&ムーヴが出来ていたようですが、では前節のトテナム戦に同じメンバーで戦ったとして同様のプレイが出来たかというと疑問符が付きます。まだ、そこまで熟成されていませんよね。
最終ラインについてはフニクラさんのおっしゃるように頑張って高いラインを保ってもらいたいです。精度の低いロングボールも敵陣深くまで届けば何か起きるかもしれませんしね。
今のような位置でキャロルにポストさせても相手は対処しやすいと思います。
私の記憶には自陣に向かいながらボールを受けて潰されるキャロルしか残っていません。キャロルがチームに噛み合っていないのはチーム戦術に問題があると感じますね。
まあ、まだまだ序盤。これからですね。

Re:無題

>この試合ではパス&ムーヴが出来ていたようですが、では前節のトテナム戦に同じメンバーで戦ったとして同様のプレイが出来たかというと疑問符が付きます。まだ、そこまで熟成されていませんよね。

はい、そう思います。相手が違いますからね。ここは熟成でぜひとも改善してもらいたいところです。上手く行ってない時にどうやってこちらがイニシアチブを取り返すか、というのは大事なテーマですよね。

>私の記憶には自陣に向かいながらボールを受けて潰されるキャロルしか残っていません。キャロルがチームに噛み合っていないのはチーム戦術に問題があると感じますね。

そう、キャロルがロングボールを受ける時にはなんだかいつも孤立しているんですよね。あれでは彼もかわいそうで、早く何とかならんのだろうかと思っています。

無題

やった!更新早いっ!!そして勝利っ!!ばんじゃーい∩(^∀^)∩

残念ながら生では見れなくて、とある動画サイトで視聴したんですが、もちろんゴールシーンで喜びましたが、なによりキャプテンの交代シーンを見たら目頭が熱くなって、「You'll Never Walk Alone」の歌を聴いて、心の汗をこぼしてしまいました。もうボロボロです。この良い流れで次節もぽぽーんっと勝利してくれると思います!!頑張れ!キャプテンっ!!

あ、ベラミー初ゴールおめでとー!!

Re:無題

へっへっへ、早かったでしょう(笑)。

>「You'll Never Walk Alone」の歌を聴いて、心の汗をこぼしてしまいました

素敵な心の汗ですね~、アウェイにもかかわらずあの声援には、こみあげてくるものがありました・・・。アンフィールドではどんな雰囲気になるか、想像するだけで今から心の汗がっ!

無題

オフェンスは本当に希望の持てる試合でしたね!
前線の4人が意味のあるランニングが出来る選手ばかりで、相手のディフェンスを良くかき回してくれていました。
ただ90分同じ事は出来なくて良いんですけど、90分間ずっと狙いが同じでオフェンスのリズムがワンパターンな気がするんですよね。
攻め込む時間とゼロトップになる位でもいいからキープして相手を走らせる時間を使い分けるとか。

何にせよ
ベラミーおめでとう!
キャプテンおかえり!

で、ディフェンスの問題ですが…
CBへの相手のプレスは今日みたいに、CMF二人+マキシやスアレスやベラミーなどのボールを持てる選手が変わりばんこに下がって、ポジションに拘らずに流動的に貰いに来れば、少なくとも格下相手にはどうにかなると思うんですよね。

それよりも相手がボールを持った時にどこのエリアで奪いに行くのか全然意思の統一が出来ていないと思います。

悲しいけど引いて勝てるならまだ良いです。でもサイドでは一対一の場面が多く、クロスを上げられるし、二対一になってても寄せがユルユル。
じゃあ中にパスが入った時に取りに行くのかと思っても、結局1人が軽く見てるだけでいつまでも引きっぱなし。選手間の距離も遠いと思います。
引くなら引くでディフェンス時は4-5-1にしてブロック固めるとか何かしてほしい…

相手の組み立ての段階で、前線の4人は割りと前から積極的にプレスかけたりもするんですけど、後ろと連動してないから結局ボール持たれてDFラインは果てしなく下がっていくんですよね。
今季のキャラ見てるともうライン上げるのが恐いのかなとか思っちゃいます…ごめん

Re:無題

>ただ90分同じ事は出来なくて良いんですけど、90分間ずっと狙いが同じでオフェンスのリズムがワンパターンな気がするんですよね。

なるほど確かに、それは鋭いご指摘です!だから30分過ぎくらいから相手に対応されて、押される展開になったのかもしれませんね。押されて来ても上手くいなして、いい感じでカウンターを狙ったりできればまた相手も警戒して上がって来れなくなりますしね。カウンターの可能性を感じたのは、2点めを取れたあのワンプレーくらいしか思い出せないです。

>それよりも相手がボールを持った時にどこのエリアで奪いに行くのか全然意思の統一が出来ていないと思います。

これもそうですね!プレスのかけどころがはっきりとしていないので、ずるずる下がってしまうのかな。トッテナム戦ではかけたくてもかけられないようなところがありましたが、チームでの意思統一がしっかりできていたら、プレスが効いたのかも。連動したプレスというのは大事ですね。

無題

約3週間ぶりの勝利☆☆☆

最終的には最小得点差の勝利でしたが攻め込まれた後半戦も際どいミドル打たれたりしましたが然程危ない場面も造られず失点はジェイのズッコケからのPKのみと上々の出来だったかと思います。

ただ強豪とやるときにはこうはいかないでしょうから皆さん御指摘のラインの高さは改善したいですね。

08/09シーズンの時はCBが両サイドに開いて高い位置をとり真ん中にアロンソやキャプテンが下がってきて大きな展開をするパターンがあったけど今は出来んのかなぁ!?

結構あのスタイル好きだったんだけど!

当日は結局職場の近くの彼女の家に泊まって夜中ひっそり起きて静か~に応援してました(苦笑)で、お察しの通りNextGenSeriesは観れずでした。まぁ負けてしまってたので観なくて良かったと思っとこう。

Re:無題

>08/09シーズンの時はCBが両サイドに開いて高い位置をとり真ん中にアロンソやキャプテンが下がってきて大きな展開をするパターンがあったけど今は出来んのかなぁ!?

ありましたね!バルサがブスケッツが下がって良くやってます。この試合もキャラとコアテスが結構開いてルーカスがそこに入る場面があり、「おっ、あれ狙っているのかな?」とちょっと思ったんですが、ほんの少しでした。センターに入る中盤の選手が、大きな展開ができないと上手く機能しないんですかね?

あの日は会社に泊まらずに済んだんですね、良かったです!それでもネクストジェンも見ようとするpureさんの根性に敬服です(笑)。

無題

スピーリングいいですね。アダムのようなロングパスはありませんが、ショートパスを丁寧につないでいくプレースタイルは個人的に大好きです。

守備での貢献度はアダムとは比べ物にならないので彼が先発でもいいと思います。ジェラード直伝?のミドルもうてますし。

あとは中、長距離のパスを出せるようになればかなり完成度の高いCMFになると思います。アカデミー出身ですしケリーとともに将来のリヴァプールを背負う選手に成長してもらいたいですね。

Re:無題

スピアリングは良かったですね、何より気持ちの入ったプレーが見ていてうれしい。彼は視野が広くいいパスを持っているので、ジェラード炎さんがおっしゃるように中、長距離が回りと合ってくれば、良い武器になりそうですね。
TRACKBACK
Trackback URL:
10 2019/11 12
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<ウルヴズ戦に向けて  | HOME |  ブライトン戦に向けて>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ