忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ヘンダーソンの移籍が正式に発表され、彼とコモリのインタビューがそれぞれ公式HPに掲載されています。
------------------------------------------------------
●ジョーダン・ヘンダーソン ファーストインタビュー(公式HP)

今現在のお気持ちを、言葉で表現できますか?

どうかな!飛び上がるほどうれしいよ、ここに来られて大喜びしているんだ。本当に楽しみだよ。

リバプールが獲得に動いていると聞いた時の、あなたの第一印象は?

リバプールが僕に関心を持っていると知った時は光栄に思った。そしてそれを知った時点で、僕にとってはとても大きな決断であると同時に、とても大きなチャンスだった。
自分の地元クラブを離れるというのは、困難なことでしたか?

もちろん自分の地元クラブを離れるというのは辛いことだよ。僕はサンダーランド出身で、彼らを小さい時からずっとサポートして来た。でも今はこれからの未来が楽しみでしょうがないし、もちろんこれは僕にとっては大きなチャンスだ。そのことに本当に興奮しているよ。

移籍を決断するにあたって、誰かからアドバイスは受けましたか?

うん、当然僕の家族、それからサンダーランドのファンみんなからも。僕はあそこですばらしい年月を過ごして来たから、かなりタフな決断だった。7歳の時からずっといて、きっと寂しく感じるだろうね。でもさっき言ったとおり、リバプールでプレーするのを楽しみにしているよ。

あなたが並んで一緒にプレーするであろう選手に、スティーブン・ジェラードがいます。興奮しますか?そして、彼は長年に渡ってあなたの大きな手本でしたか?

彼は世界最高の選手の1人で、彼と一緒にプレーしたい、彼と一緒にトレーニングし、自分を選手として成長させたいと思うような選手だ。僕は一度一緒に(イングランド代表で)練習をしたことがあるんだけど、彼は信じられなかったよ、正直言って。彼と一緒にやれることを楽しみにしているし、僕の成長の助けになってくれる他の優れた選手たちともね。スティーブンはずっと何年もリバプールにとって、大きな、ものすごく大きな選手で、今もそうだ。彼からたくさんのことを学びたいと思う。

毎週アンフィールドでプレーするというのは、どう感じます?

アンフィールドでリバプールのファンの前でプレーするのが、その全てが待ちきれないよ。とにかくワクワクしていて、早く取り掛かりたいね。

ケニー・ダルグリッシュについてはどうですか・・・これから数年に渡って彼と仕事をするのが楽しみですか?

うん、もちろん。このクラブに復帰してからの彼はすばらしいね。あれだけ短期間で、あれだけ良い仕事をしている。上手く行けばこれかもそれを続けていくだろう。僕はもう彼と話をしたんだけど、これまで彼は僕に対してすばらしいんだ。本当に楽しみだよ。

どんなことを話したんですか?

僕は基本的に、ここに自分を連れて来てくれたことに感謝を伝えた。彼は僕と全く同じように喜んでいるように見えたよ。もちろんそれはうれしいことだね!何もかもポジティブだった。

このクラブはエキサイティングな新時代のスタートを切っています。ここで何を成し遂げられると考えていますか?

成し遂げることはたくさんあるよ。ここは巨大なクラブで、過去数ヶ月間の彼らがどれほどすばらしかったか、僕たちは見て来ている。だから僕はとにかくここで学び、自分のプレーを成長させるように努力するよ。その道のりの中で、幸せな記憶がたくさんできると確信している。

あなたの心の中には、ここで数々のトロフィーを獲得できるという気持ちがあるに違いないですね?

うん、もちろんだよ。ビッグクラブにやって来たんだから、いろんなものを勝ち取りたい。リバプールは過去に数々の優勝を果たしていて、上手く行けばこれからはもっとたくさんのものを勝ち取れるだろう。

他にも非常に数多くのクラブがあなたに興味を示していました・・・リバプールがあなたにとって最高の移籍先で、あなたのフットボールの夢をかなえる場所だと確信したんでしょうか?

うん、その通りだよ。リバプールは間違いなく僕を選手として成長させ、進歩させる場所だ。このクラブは正しい方向へ進んでいて、望むだけ高い位置に行ける。

あなたはアンフィールドで、この夏の獲得第一号です・・・ファンへのメッセージはありますか?

僕はここに来て飛び上がるほど喜んでいることを、彼らに伝えたい。彼らは、僕がプレーする全ての試合で力の限りを尽くすのが見られるだろう。僕がこのクラブでプレーすることを楽しむのと同じくらい、彼らが僕を見て楽しんでくれることを願っているよ。

●コモリFDインタビュー(公式HP)

この移籍と移籍金に関しては、ここ数日間ずいぶんいろいろと騒がれていました。ようやく決まって喜んでいますか?

とてもうれしいですよ。彼は我々のターゲットの1人であり、第一ターゲットを獲得するというのはいつでも良い兆候です。他のターゲットも上手く獲得できると考えられますからね。我々は非常に、非常に喜んでいます。彼は、我々が必要としているスキルを技術的に全て兼ね備えています。ボール扱いが上手く、クリエイティブで、良いパスを持っており、身体的に非常に優れています。それは我々がミッドフィールダーに求める全てであり、さらに彼にはユーティリティ性があります。ケニーにとって、彼は我々が求める選手となってくれるでしょう。移籍金についてですが、私はたくさんの報道を見聞きしましたよ。我々がジョーダンにいくら支払ったかについて様々な憶測がありましたが、私がこれまで見た中では正しい数字は一つもありませんでした。我々は自分たちが納得できる額を支払いました。そうでなければこの取引は成立しませんでしたよ。

ジョーダンについて詳細にお話しになりましたが、彼にはリバプールのビッグプレーヤーになれるだけのメンタリティがあると、あなたは自信をお持ちですか?

もちろんです。20歳の青年と話しているとは、とても信じがたいですよ。25歳の選手と話していると思ってしまいます。彼はフットボールに対して強い情熱を抱き、非常に献身的で、トップクラスのプロフェッショナルです。トレーニングの後に居残り練習をするタイプの選手です。彼と話をすると、金のことやピッチ外に関することは何も出て来ません。全てがピッチ内のことです。自分はどこでプレーすることになるのか、プレーチャンスはもらえるのか、選手として自分が最も成長できる部分はどこか。ケニーと私は、この競技に対する彼の献身と情熱に強い感銘を受けました。

彼はまだ20歳で、人々は彼のポテンシャルを話題にしていますが、今現在の選手としてはどう見ていますか?チームにすぐに入って行ける選手でしょうか?

ええその通り、彼は間違いなく今現在の選手ですよ。決めるのはもちろんケニーですが、我々は彼を現在の戦力と見なしています。ケニーが彼と話をして来た中では、「もし君が来れば、私のプランの非常に、非常に、非常に大きな一部なる。」という言葉がありました。1月のルイスとアンディの獲得にそういう面があったように、我々は将来に向けてのチームを構築中だと認識しています。しかし、やって来たその日から戦力となる選手を獲得してもいるのです。

スティーブン・ジェラードのような選手の隣でプレーすれば、彼は間違いなく花開きますね?

間違いありません。それが彼にとってキーファクターだったと思います。彼を獲得する前に、私はジョーダンについてスティーブンと話をしたんです。彼らはイングランド代表合宿で一緒にやったことがありましたので、スティービーは彼について非常にポジティブでした。イングランド代表でスティービーの隣でプレーできたことを、ジョーダンが本当に光栄に感じていたのを私は知っています。彼は、ジェイミー・キャラガーやスティーブン・ジェラード、ディルク・カイトのような選手たちから学ぶでしょう。クラブの歴史のことも彼は勉強したと思いますよ。

彼はどれくらい優れた選手になれるでしょうか?

それを今言うのは非常に難しいですね。わかりませんよ。彼はまだ20歳ですが、すでにイングランド代表、フル代表でプレーしており、それは非常に大きな偉業です。我々は彼がトッププレーヤーになると思っています、それが何より大事なことです。彼にいかなるネガティブなプレッシャーもかけたくはありません。ここへ来て彼の持つ能力とスキルを我々にもたらして欲しい、そしてフットボールを楽しんで欲しいと、それだけを考えています。

この夏には、私たちは若いイングランドの最高のタレントをターゲットにしているという話があります・・・そういう戦略ですか?

答えはイエスでありノーです。英国人であり若いということが理由で、その選手を獲得に動くつもりはありません。全てのチェックボックスを満たす選手を獲得に動きます。今回、この移籍市場で我々が必要としているのはそれです。イングランド人、あるいは英国人、あるいはプレミアリーグでプレーしている選手であれば、外国の選手よりも目は行き届くでしょう。しかしいかなる国籍であろうと、その選手がチェックボックスを満たしていれば注目しますし、我々はこの移籍市場でそういう姿勢を必要としています。

この夏の早い段階で、大きな移籍を一つ完了しましたね。ここ何年か、リバプールではそういうことがあまりありませんでした・・・再度お伺いしますが、それは戦略ですか?

私は個人的にそういう仕事のやり方が好きなんです。早ければ早いほどいいんですよ。戦略を見直したり、もうこれ以上の獲得はしないと決断したり・・・いえ、今はそんなことはないですよ!過去にどうだったのかはわかりませんが、我々はそういう風にやろうとしています。

最後に、この移籍はダビド・エンゴグの将来に影響するんでしょうか?

サンダーランドはダビドに強い興味を抱いています。我々は、ダビドがサンダーランドと彼の将来について、彼があそこへ移籍することに気持ちが動くかどうか、彼らと話し合いをするのに合意しました。彼らは強い興味を示していますので、彼のこれからがどうなるか結論が出るでしょう。

------------------------------------------------------
エンゴグはサンダーランド行きが濃厚のようですね。本当は二つの移籍を同時に発表したかったのかもしれませんが、ヘンダーソンはU21の大会で英国を離れなければならないので、エンゴグの方が決まる前に彼の獲得発表となったのかもしれません。

ヘンダーソンのインタビュー動画を見ると、コモリも言っているように、20歳の選手にしては落ち着きがあり、受け答えがしっかりとしているように感じました。それでも加入の喜びがにじんでいるのがわかります。内容は新加入の若い選手のコメントそのもので初々しいですね。早く楽しそうにプレーする彼を見て楽しみたいです!

コモリのコメントの方がちょっと意外で、「実は彼はすごく良い人なのかも・・・」と思い始めました。いや別に、今まで悪い人だと思っていたわけではないんですけどね。スアレスの初ゴールの時のはじけっぷりや、ヘンダーソンがどういう選手がこと細かく語るところなんかを見ると、獲得する選手にすごく思い入れのある人なのかなあと。「プレッシャーをかけたくない、フットボールを楽しんで欲しい」という言葉に、特に選手への愛情を感じました。「なぜ彼を獲得しようと思ったんですか?」と聞いたら、めがねの奥の目をキラキラさせて30分くらい語ってくれるかもしれません(笑)。

他の移籍関係の話題では、タイムズ紙が「アーセナルのクリシーに£5mでオファーを出した」と報じました。ほうほう、早速新しい名前が出て来ましたね!
契約が残り1年とはいえ、アーセナルが彼を£5mで出すことはまずないでしょうから、もし本気で獲りに行っているのなら、これから価格交渉が始まることになります。彼はここ2シーズンばかりずっと不調で、数年前の輝いていた時から伸び悩んでいる印象があります。それでも時々すごくいい試合をする・・・でもぎょっとするようなポカもする・・・なんだかすごく難しい選手です(笑)。
天性のスピードとテクニックはすばらしいものがありますから、もうひと化けする気がしないでもない。守備面の問題は、彼に限らずアーセナルの守備そのものが問題を抱えているので、環境が変われば改善されるような気もする。クラークとピッチの上のガミガミオヤジのキャラがタッグを組んで、上手く仕込んでくれるかもしれない。クロスの精度も改善されるかも・・・しれない。£5mならお買い得なんでは?と思います。いずれにせよ、クリシーは環境を変えるべき時なんじゃないでしょうか。

それからイプスウィッチはチョプラの獲得を決め、ウィッカム放出の準備が着々と進んでいるように見えます。そのウィッカムはU21欧州選手権でデンマークに行っているんですが、練習中にフィル・ジョーンズに削られて足首を負傷した模様。ピアース監督は、練習を休ませたのは「あくまで用心のためで、彼は大丈夫だ。」と言っており、大会に問題はなさそうです。マイカ・リチャーズやギブスなど負傷者が次々出ていて、ピアースさん大変そうです。それにしても削ったのがジョーンズっていうのがね、何でまたこの時に(苦笑)。現地に行っているテレグラフ紙の記者によると、「フェアな」タックルだったそうです。来季はそういう削り合いがプレミアのピッチの上で見られるでしょうか?
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

決まったんですねー。僕ね何となくねこれはカイトのバックアップってのも多分にありそうな気がするんですが?どうでしょうか?(笑)何となくね、バルセロナが獲ったアフェライを思い出すんですよね。センターもサイドもこなせて、縦への突破もある程度できる。しかもバベルより賢そう(笑)しかもケニーはアノ位置にシェルビーみたいな選手を入れることも良くあるし、シェルビーよりはドリブル突破速そうだしね。まあ、カイトはまだスタメン固定でいいと思うんだけど、けっこう(そろそろ感)あるんですよねー。結局1年しか延長しなかった訳だし。例えラファだったとしても、このポジションの補強は考えると思うんだけどなー。以上私の妄想でした。と言うより、シェルビーもよろしくね!!

 後はセンターバックだなあ。僕的には。

 でも、今回の補強って多分アレっすよね。移籍フィーより、年俸重視!!これでしょう!
ヘンリーさんも本気だねえ。骨うずめる気だねえ。熱いねえ。。。
ってことは、コールもアレだなあ。アグエロも
ねえなあ(笑)。

Re:無題

>カイトのバックアップってのも多分にありそうな気がするんですが?どうでしょうか?

そうか、なるほど!!確かに4-4-2を想定するならば、右はもしかしたらカイトよりも彼の方がフィットするような気がします。バベルよりも賢そう、これは鉄板です(笑)。カイトとポジションを争わせながら、だんだん移行するというプランがあるのかもしれませんね。そして最初は右でもいずれやっぱり、真ん中に行くだろうと予想します。

>今回の補強って多分アレっすよね。移籍フィーより、年俸重視!!これでしょう!

はい、これです!ただより高いものはないと本気で思っているフシがあります。コールもヨバもすごく期待していたんですけどね、ヨバはチャンスをもらえなかったのが今も残念ですが、彼はもう移籍気分満々で・・・。

アグエロないですか、ないですよねえ、年俸高いし補強ポイントじゃないし。好きなんだけどなあ~~~。

無題

ガーディアンにはサンダランドがクラウチをほしがってて、スパーズはギャンを欲しがってるという記事が載ってて、この移籍が実現後にエンゴグが移籍したら元REDSの2トップ結成って事になるかも…REDSじゃ入れ違いでしたけど。

クリシのはガーディアンにも載ってましたが、軽い印象しかないし、エンリケの方がいいと思います。金額は安く見積もったと思いますが、高くても£8mくらい。倍になったらぼったくりレベルかと。

P・ジョーンズの獲得に失敗した後にダンの話が浮上しましたが、CBが欲しいのかアンカーが欲しいのかってトコも気になりますね。アダムはアンカーのタイプじゃありませんし。

Re:無題

クリシーとエンリケについては、クロスの質はエンリケの方がいいと思いますけど、守備はそれほど大差ないような、って言ったら失礼ですかね(笑)。客観的に見ればエンリケなんでしょうが、クリシーの実績と経験、それに身体能力、これはなかなかあなどれないと思います。まっ、きっとクラブが知恵を絞って良い結論を出してくれるでしょう!

ジョーンズはあくまでCBとしての獲得だったと思いますよ。アンカーをやるとしても、緊急事態の時だけだったろうと思います。だから代わりに狙うとしたら、やはりCBだと思います。アンカーだって十分こなせるような、足元の技術がしっかりしてスピードもある選手を、個人的には希望しています。

無題

ヘンダーソンにはコモリの言うとおりジェラード、キャラガーたちから多くのことを学んでレジェンドと呼ばれるぐらいの選手になって欲しいです。
左サイドバックの補強は結局どうなるんでしょうね?まだ時間はあるので焦らなくては良いんですが遅すぎて妥協にしかならない補強は当たり前ですが嫌です。ヘンリー、コモリなら大丈夫か(笑)
ウィッカムは獲れますかね?

Re:無題

>遅すぎて妥協にしかならない補強は当たり前ですが嫌です。

はい、同感です!ずーーーーっとここが補強ポイントと言われ続けてもう何年たったことか、そろそろびしっと結論を出してもらいたいですよね。

ウィッカムは今の状況だと大丈夫じゃないかと思うんですが、まあ、何が起きるかわからないですからね・・・。U21で彼の出番があるといいなと思っていますが、ヘンなところに目をつけられるのもイヤだ(笑)。
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<「スーパーエキサイト」byキャプテン  | HOME |  教えてロリー君>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ