忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


公式HPでもおなじみのトムキンス記者が、自身のブログの中に、FFPR導入に伴ってFSGはどういう戦略をとるのか?という考察記事を掲載しています。
内容は主に二つに分かれており、

1)チャンピオンズリーグ出場を逃した今シーズン、どうやって収入を増加させるか
2)ヘンリーが度々発言している「年俸が高すぎる契約」はどこにあるのか、選手の価格分析

以上を行っています。収入増加をどこに求めていくかという考察もなかなか面白いんですが、今回は「選手の価格分析」のところをかいつまんでご紹介しようと思います。
価格分析をするために、記事の中では二つの数値を算出しています。
ひとつは「Long Term Contract Commitment (LTCC)=長期契約金」これは単純に、契約残り年数に年俸を乗じた金額です。

もうひとつは「Long Term Player Value (LTPV)=長期選手価値」です。これは以下のように算出しています。

1)年齢
23歳以下=5 24~25歳=4 26~27歳=3 28~29歳=2 30歳以上=1 ゴールキーパーは+1を加算

2)ファーストチーム評価
・ワールドクラス=5
・代表トップクラス=4
・プレミアリーグでレギュラー=3
・代表未満=2
・クラブレベル=1

3)健康リスクを高、中、低の三段階に分けて、
・健康リスクが高=0.7
・健康リスクが中=0.9

以上の1)~3)を乗じてLTPVを算出しています。結果は下記の通りになりました。


※クリックすると拡大表示します。

左から8列目、「Long Term Player Value to LFC」というのが選手価値、一番右の列「Long Term Contract Commitment」が契約金です。セルを色分けして段階評価がわかるようになっていますが、色が間違っているところもあるのはご愛嬌で。
さらに、算出されたLTPVとLTCCをグラフにしています。


※クリックすると拡大表示します。

上に行くほど「価値ある選手」、右に行くほど「高コストの選手」ということになります。

記者は選手の費用対効果を見るために表に斜めのラインを引いて、そこからの距離を考察しています。ラインからの距離が上であるほど、費用対効果が高い選手というわけです。そして、FSGがクラブを保有してから契約を延長、あるいは新規獲得した選手たちは、ケリー、スピーリング、ルーカス、ヘンダーソン、スアレス、キャロル、その全員がラインよりも上の選手たちであることを指摘しています。例外はカイト1人です。

記者は赤枠で囲んである部分がヘンリーの言う「年俸が高すぎる契約」と結論しています。つまりこの夏の放出候補というわけです。その中で、キャプテンとキャラは彼らがファーストチームの中で負っている責任を考えれば、夏の移籍プランから除外されているはずだと言っています。また、メイレレス、アッガー、シュクルテルは3年の契約を残していますが、売却価値のある選手として、資金を得る目的での売却の可能性を示唆しています。

記事の中でももちろん断っていますが、この算定の仕方は大雑把で、例えば年齢で選手を一律に5段階に分けていますが、選手のフィジカルは個々で違っていて、一律に年齢ではくくれません。また、生え抜きやホームグロウンは考慮されていません。しかし、要素をシンプルに絞ることによって見えるものもあります。

第一印象は「シビアな表だな~」ということでした。しかしFSGはおそらく、この千倍くらいのデータを使って、多角的に個々の選手を分析して経営戦略を練っているんでしょうね。「選手の過去の稼働率はどれくらいか?」「今後どれくらい期待できるか?」「伸びしろは?」「ピッチ外での貢献度は?」「シャツが売れるのは?」「普段の素行は?」などなど・・・。もちろんポジションのバランスもありますしね。製品評価のようにパチパチ計算される生身の選手たちは大変ですが、それだけ稼いでいるんですから仕方ないとも言えますね、厳しい世界です。

記事では、最終的に2011/12シーズンのクラブ収支をこう予想しています。

<収入>
£185m(2009/10の収入ベース)-35m(CL出場権がないための減)+12m(胸スポンサー変更による増)=£162m
<支出>
£114m(年俸総額、2009/10と同じ)+32m(選手獲得費用)+27m(その他の費用・過去5年平均)=£173m
<差引>£9mの赤字

FFPRでは、2011年6月1日から2013年5月31日までの2年間の収支結果が2014/15シーズンのUEFAライセンスに適用されます。最初は2年で45mユーロまでの損失が許されるそうです(ただしオーナーがそのうち35mユーロを自己資金でカバーしなければならない)。年間22.5mユーロ(約£20m)ですから、もう少し獲得資金が出せそうな・・・さて、どうでしょうね?

獲得の方はうわさが最近静かです。フランスメディアが、23歳のブレストのストライカー、ノーラン・ロウにオファーを準備と報じたくらい。彼には8mユーロで契約解除の条項があるそうです。どんな選手か全く知りませんが、とんでもないゴールがYoutubeで見られます。(画質悪いです。)



それから、キャロルとダウニングの写真が昨日はずいぶん話題をさらっていたようです。これです↓



ヴィラは公式ツイッターで「広報のヘッドがダウニング本人と話をしましたが、彼はもちろん偽物だと言いました」とすぐにアナウンスしましたが、「出来が良すぎるんじゃないの?」というわけで本物じゃないかとファンの間で議論に。確かに光の当たり方とか目線とか、作り物ならすごく上手くできていますね。作者はCTUからスカウトが来るのでは?ヴィラファンやリバプールファンがまねして作ってみた写真 ↓ は明らかに不自然(笑)。
ちなみにBarmingam.Mailで、あるヴィラファンは「もし偽物でなかったら、スチュワート・ダウニングのIQはてんとう虫並だ。」と言っています。





イビサでの休暇を満喫しているらしいキャロルは、別のノーランとカラオケを熱唱したりしています。Tシャツが同じだから同じ日か?彼は同国の選手たちと交友関係広いですね。

PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

 あー、やっと読み終わった。(笑)海外のブログってレベル高いねー。EBITDAって聞いた事はあったんだけど、いまいちよーわからん(笑)まあ、でもネバートンとレッズはここ最近年俸がプレミアで最も伸びちゃったらしいですよね。このままだと確かにまずい。ネバートンって誰が一体そんなにもらってんだろう?

 結局ねえ、いつもの、若手を育てようとか、CL出れないと話になんないね!って所に落ち着くんだろうけど、FSGが何か18Mくらい支出抑えようとしてるとか書いてましたね。それと、ヘンリーさんとリバプールのマッチってのは運命だとか。。
やっぱりそうだよねえ。正直なんとなく、ヨーロッパに染まりきってないっていうか、はじき出されてるって言うか(笑)やっぱ、好きだなあ、リバプール。でも、グローバルなテレビ収入の伸び率が書いてあったけど、あれは確かに馬鹿に成らないですね。そんでシャツセールスはいまだに、
バルサ、マドリー、ユナイテッドに続いて4位だとか。。へえええ。やっぱいけるねえ!


 しかし、チェルヒーがねえ。またやってるね!
俺、賭けてもいいけどね、インテルは非公式に断られたんだろうなあ(笑)しかし、このモウリーニョ時代に戻りたい人たち、ああうぜえ。。
ヒディンクはインテル行くのかなあ??まあ、勝手にやってね!俺、ヘンリーさんがいればいいや。。ていうかさ、チェルシーだけはなあ、何してもムカつくヨねえ(笑)

Re:無題

>ネバートンとレッズはここ最近年俸がプレミアで最も伸びちゃったらしいですよね。

それは知りませんでした、へえー。青いところはそれでもまだまだ年俸総額低いですけどね~、今までどんだけ節約してたんでしょう。リバプールは払い過ぎって言っても、それでもシティみたいに年俸だけでクラブの収入総額を上回ってしまうところよりましですよね。彼らこれからどうするんだろう?ネーミングライツとか裏技使うんですかね?

CL収入は大事ですね、この記事を読んで改めて感じました。CL出られないと、スポンサーとの契約条項でスポンサー料が減らされるなんてことも書いてあったし・・・。でもお金より何より、一ファンとしてはやっぱり、CLの舞台で戦うレッズが見たいのです!ヨタヨタしながらなぜか強豪をぶっ倒すところがたまらんのです(力説)!!こんなクラブなかなかないですよねえ、貴重な存在ですよ、ねっプラティニさん。

チェルシーはヴィラス・ボアスに決まりましたね。プレミアのこと良く知っているし、来季どんな指揮を執るか密かに楽しみです。まっ、ちょちょいとやっつけてやりましょう(笑)。

無題

顔ではなくマフラーが合成…と適当に推理してみましたw

Re:無題

マフラーが合成!キャロルは何を掲げていたんだ!??

無題

シビアな世界ですね。
当たり前なんですけど。
野球選手に比べたら随分と選手生命も短いし、
改めて大変な世界だって感じました。
でもこういうの知るってちょっとドキドキでした。
ありがとうございます。

秋にどの試合を観戦しようって計画を始めたんですけど、
やっぱりヨーロッパがないと、仕事休んでいける日程だと寂しいですね。2試合見れない・・・
年が明けると仕事上旅行は無理なのでって考えたら、年内のホーム試合。
選択枠の少なさにちょっとガッカリ中の私です。

Re:無題

秋に観戦に行くんですね、うらやましいです!確かにミッドウィークの試合があると観戦するのにいいですよね、カップ戦の日程と合わせてご検討されるのはいかがですか?リーグカップだと普段見られない若手のプレーが見られたりして、これも楽しいと思います。今のレッズには楽しみな若手が大勢いますし。
来季は3回戦が9月19日の週なので、祝日を絡めると見やすいのでは?でも2回戦を勝ち上がらないといけないですし、どこでやるか8月まで決まらないので、カップ戦は観戦計画を立てるのが難しいんですよね~。

無題

ポウルセン,ナショナルチームのキャプテンじゃなかったでしたっけ……

彼は嫌いになれないんです.お子さんも生まれたし.言うほど汚いプレーもしないような……

Re:無題

ポウルセンはキャプテンです!レッズに加入してから彼が汚いプレーをした記憶はないですが、それ以前にパフォーマンスレベルがちょっとがっかりなんですよね・・・プレミアに向いてないんでしょうか。

無題

こりゃすごいわかりやすい図ですね。
なるほどかなりの主力が赤い丸の中に、、、
てかメイレレスもアッガーも売っちゃだめー!
ってこの図みるとレッズはだんだん若返りが進んで来ていますね。
アカデミー出身者がトップチームに増えて来てますから。

にしても若いDFの軸がいませんね。
ケリーは軸って感じじゃないですし。
背が高くてパワータイプがプレミアでは軸になりますよね。
リオみたいにやけにうまいタイプも大事ですが。ヴィダのような選手が大事ですよね。

これ本物の写真にしかみえない、、、
てかキャロルの顔やっぱ好きだなぁ
優しい顔してます笑
やんちゃにはみえない、、

Re:無題

>てかメイレレスもアッガーも売っちゃだめー!
はい!同感でございます!!!

若いDFの軸は欲しいですね~。私としてはアッガーに軸になってもらいたいんですが、ケガをなんとか克服できないものでしょうか。でかくて強いDFは存在感がありますが、私はチェルシーの軸はカルバーリョだったと思うし、ユナイテッドはやっぱりリオが軸だと思うんです。でかくて頑丈なDFの背後で、ひっそり悪いことをたくらんでいそうな奴らです(笑)。アーセナルはフェルメーレンでしょうか。

キャロルは、プライベートの写真を見ると本当に無邪気というか、いつも楽しそうですね。リバプールの子供たちの試合を観戦する彼の表情を見て、いやーいい人なんだなあと思いました。

無題

サンダーランドが韓国人FWのチ・ドンウォンを獲ったようですがエンゴグはどうなるんでしょうね?ノーラン・ロウは良く知らないんですが、もし彼を獲ったらウィッカムは獲らなんでしょうか?
そういえばスターリングすごいの決めましたね。彼が成熟した時のためにもウィッカム欲しいなぁ~。なんかウィッカムのことばっかりですいません。

チェルシーの監督はビラス・ボアスに決まりましたね、彼はトーレスを復活させられるでしょうか?来シーズンはチェルシーより上に行きたいですね。

キャロルは楽しそうですね、来シーズン頼むぞ!!

Re:無題

エンゴグはもうサンダーランド行きが決まっていると思うんですが、休暇中ということもあってなかなか話が出ませんね。

>スターリングすごいの決めましたね。
決めましたね~、今日もすごく惜しいシュートが2本ありましたが、残念でした!モーガンが難しいヘッド決めましたね。それから、GKのゴールというのをひっさしぶりに見ました(笑)。イングランドチームはちょっと笑いごとじゃないですけどね、U21の兄ちゃんたちを見習っちゃいかんよ!

無題

ないとは思いますけどヘンダーソンinメイレレスoutじゃ戦力ダウンとしか思えないですね。怖い

Re:無題

クラブは戦力ダウンの取引はしないでしょう、大丈夫!
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<48時間以内!?  | HOME |  マルヴォー続報>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ