忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


公式HPより、移籍市場を統括するケニーのインタビューです。
--------------------------------------------
忙しい24時間でしたね・・・移籍市場が閉じて、振り返ってどうでしたか?

非常に忙しかったよ。なぜ何もかも最後の最後まで決まらないのか、私にはどうしても理解できないんだが、普通はそうなるね。

ちょうど今から48時間前、ルイス・スアレスがクラブにやって来た。彼はすばらしい獲得だよ。長い間ここで探っていた選手で、スカッドをまさに補強してくれる選手だ。彼はすばらしい得点記録を持っている。ウルグアイ人がアヤックスへ行ってクラブキャプテンになるというのは、彼の人柄を雄弁に物語っているよ。この2日間はもうここに来ていたんだが、書類作業を完了してワークパーミットの取得待ちで、それまで練習に参加することができなかった。彼はいつもニコニコしているタイプの人間で、良い性格のようだよ。もちろん言葉の問題は少し障壁になるだろうが、いったん彼がそれを乗り越えれば、間違いなく陽気で快活な男になるだろうね。どんなフットボールクラブも雰囲気の良いドレッシングルームを必要としており、彼は必ずその力になるよ。
我々が獲得したもう一人は、アンディ・キャロルだ。誰もが知っての通り、彼はすばらしい才能を持つ若手であり、これは彼にとってすばらしいチャンスだ。昨年はイングランド代表にも入り、非常に良くやった。ニューカッスルが彼を失って深く傷ついていることを私は知っているが、我々にとってはすばらしい獲得だ。

私たちにとって非常に重要なのは、どちらの選手もここに来ることを望んだということだよ。リバプールは、彼らのファーストチョイスだった。ルイスの場合は明らかに別の選択肢もあったが、彼は正しい理由でここを選択した。彼はこのクラブを愛しており、子供の頃はテレビでこのクラブの歴史をほんの少し見たりもしている。アンディ・キャロルも全く同じだ。彼はニューカッスルを去り、地元選手の彼にとってそれは悲しみでもあったが、もしどこかに出るとしたら、彼が行きたいと思うクラブはただ一つだったんだよ。

このフットボールクラブ、サポーターたち、オーナー、そしてこの移籍に関わったずべての人々に最大級の賛辞を送るよ。この移籍市場の期間、オーナーはすばらしいサポートをしてくれた。実際のところ、彼らは他にも獲得できなかったことを少し落胆しているかもしれないね。

勝利への渇望、あるいはこのクラブが前進していることに疑問を抱く人間は、今は去った。今度の夏は、我々が現有戦力をさらに強化するのが待ち遠しいね。

忙しかったが、このフットボールクラブにとって非常に有益だったと思うよ。

アンディ・キャロルがこのクラブにもたらす能力は、どんなものだと思っていますか?

我々との試合では、彼は1ゴールを決めてもう2得点にも関わった。我々を相手に彼がやったのと同じことを毎試合彼から得られれば、私たちは嬉しいよ。
彼はすばらしい才能を持つ、まだ若い子だ。大柄な男だがグラウンダーも上手く、足元が上手く、空中戦では非常に強力だ。彼は前線でちょっとした存在感を発揮してくれるだろう。我々が今まで慣れ親しんで来たやり方とは少し違うタイプだが、私たちがやりたいと思うプレーの原則と哲学は変わらないよ。

今の時点では彼は少し負傷しており、おそらくプレーまではあと2、3週間かかるだろう。しかしこの獲得は、数週間をカバーするものではないからね。彼は5年半の契約を交わし、彼がフィットしてプレーしてくれる時間はたっぷりとある。

あなたは、リバプールにおける前線のパートナーシップというものを熟知しています・・・キャロルとスアレスについてはどうお思いですか?

私にはとても良く思えるね!彼らが同じチームでプレーするのを見て人々は楽しむだろうと、私は確信しているよ。

あなたは先ほどオーナーについて言及しました・・・この移籍市場で、彼らはこれ以上できないくらいやってくれましたね?

彼らは他の誰にも負けないぐらいの野心を抱いており、皆のために私たちは前進しなければなならいことを理解している。彼らは私たちを支援する用意ができており、出来る限りの全力を尽くしてくれるだろう。

ここには以前から古い格言があった。時代遅れに聞こえて欲しくないんだが、長年培ってきたリバプール・ウェイという古い決まり文句は、受け継いで行って悪い文句ではない。そして彼らは間違いなくそれを受け継いでいるよ。彼らは、リバプール・フットボールクラブが、そのピッチの上で最大の資産となることを望んでいる。

最後に、フェルナンド・トーレスも最終日にこのクラブを去りました。それについてあなたのお考えは?

彼が去ったことには落胆しているが、このフットボールクラブは続いて行き、このフットボールクラブは、前進してますます強くなるために全力を尽くすだろう。このフットボールクラブは、ここに在籍し、このクラブのために戦って来た人々に感謝するだろう。しかし過去をひきずりはしない。願わくは我々は前を見、上を目指したいね。

以前にも言ったと思うが、この世にはいかなる段階であろうと、このフットボールクラブよりも大きい人間、あるいは優れた人間は誰もいないんだ。

--------------------------------------------
ああ、なんだか心に沁みる。これからクラブは新時代を迎えて前進するんだ、という気持ちをさらに強めてくれました。ケニーはこの移籍市場の結果に100%満足しているでしょうか?「オーナーたちは少し落胆しているかもしれないね」という部分にそうでなさそうなところはちらりと見えますが、しかしベストを尽くして良い結果を引き出したと感じているでしょう。今シーズンはあと4ヶ月。これからどんなチームを見せてくれるでしょうか。キャロルが入ってロングボール主体になりやしないかというのが実は少々心配でしたが、ケニーのコメントを見るとそういうつもりはなさそうで、安心しました。しかしロングボールも一つの大きな武器になるでしょうね、そんなリバプールを見るのはいつぶりだろう?

キャロルが、ニューカッスルを出るとしたらレッズが唯一の希望だった、というのも嬉しいです!ニューカッスルのファンたちの間で話題になっている、移籍最終日のキャロルと友人とのメールのやり取りの内容がありまして、要は「出たくなかったけど、クラブは金が欲しいから移籍志願書を出せと彼に迫り、出るしかなかった」という内容です。読むと結構これが面白くて、訳して載せてしまおうかと思ったんですがさすがに止めました。この内容は事実かもしれませんが、移籍市場クローズ数時間前という時に、彼が本当にどうしても出たくなければ抵抗する術はいくらでもあったと思います。しかしそうせずに最終的に移籍を決断したのは、彼自身の意思でしょう。まーあのオーナーですからね、あの人が出て行かない限りニューカッスルに未来はない。今地獄のような状況にいる、ジョーディーたちの気持ちは痛いほどお察しします・・・。

スアレスは思ったとおりの人だ(笑)。ブーツルームでポーズを取ってる時もトレーニングしている時も、カメラ目線でとにかく笑顔。メディカルチェックでさえ笑顔。言葉が通じようと通じまいと、すぐにドレッシングルームで「crazy happy」ぶりを発揮しそうです。彼のチャントにはぜひこの文句を入れて欲しい・・・。
対するキャロルは、公式のインタビューを見て驚いたんですが、すごく物静かではにかみながらの礼儀正しいインタビューでした。とてもチームメートの顎をカチ割るような人物には見えず、こりゃ誰だ?と思いました。内容はもう少し質問を考えろと思いたくなる定型句で、面白かったところといえば、大のリバプールファンのケビン・ノーランが「有頂天になって喜んでくれた」というところくらいですかね。

彼はどうやらチェルシー戦にはとても間に合わないようです。むぐぅ・・・。SKYのニュースによればまだランニングもしていないそうで、来週ランニングを開始し、さ来週にはトレーニングに復帰できるのではないかという状態だそうです。むぐぐ・・・。チェルシー戦に彼が使えないのはもんんんんのすごく残念ですが、その後の代表戦は回避して調整できそうですね。その間に万全になって、ついでにあの髪切ってくれないかな。

さて!今日はストーク戦です!デッドライン・デイに魂を持っていかれたような状態でしたが、試合が近づくと俄然気合が入ってまいりました。どうやらキャラが間に合うようで、スタメンをこう予想してみます。

      レイナ
ケリー キャラ アッガー ジョンソン
  ルーカス キャプテン メイレレス
カイト  エル・ピストレロ マキシ

いきなりスアレスがトップです。あるかな?ストークが相手なのでCBはキルギアコスの選択肢もあるかもしれませんが、ケニーは自分たちの戦い方を変えないと予想。キャラの先発は、彼のトレーニングでの仕上がり次第で。ザ・ガンマンのKOPへの挨拶代わりの一撃が見られると嬉しいなあ。
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

トーレスが去って未だに心が整理できてません!
というより私はチェルシーにいったことが理解できない。ふざけんな。
、、、、、、まぁしょうがないか。

ただ、トーレスは怪我が多いんで、移籍をプラスにとらえるとしたら、65億は良かったんじゃないでしょうか。それにトーレスがドログバとの2トップに合うとは思えません。

アンディ身長が193有るみたいですね。
確かに対ニューカッスルのときの彼はすごくでかくて怖かった、、、
彼がチームにフィットしてくれれば、トーレス以上の活躍をしてくれると思うんですが。

今心配なのは彼のやんちゃすぎるところです、、
まぁうちに来てそんなに騒ぐ選手はいないといえばいないんですが。
あのベラミーでさえ、、、、

スアレス、ワールドカップで相当活躍しましたから、すごく期待しています!
なんかエールディビジ得点王は違うんですよねー。あのリーグ点が取りやすすぎるというか、、、30以上が毎年でるとかおかしい。

とにかく、トーレスがいなくなっても、後釜の二人のほうが総合力で勝っているのでレッズはもっと強くなると思ってます!

Re:無題

確かにトーレスは怪我がちでしたが、あの殺人日程の年末から1月を、全試合ほぼフル出場で終えたんですよ!やっと怪我を克服して最近はキレも戻ってきたかなと、そう思っていたのになのになのに・・・って言っても、まあしょうがないですね。

65億は良く出しましたね。最近は節約生活に入ったかに見えたアブラさんの、底力を見ました。彼を実際どうチームで使うのか、私も今日のチェルシー戦を見ていて不思議に思いましたね。でもアンテェロッティはそういうのは上手そうです。

キャロルのやんちゃ伝説は、今から楽しみです(笑)。でも今まで自分のホームグラウンドで甘えていたのが、これからは少し変わるかもしれませんよ。スアレスは確かに、オランダでの得点王は必ずしも成功できるとは限りませんからね~。でも彼の場合は点取り屋というよりもっと幅広いプレーができるので、大丈夫じゃないかと思っています!

無題

ケビン・ノーランはリバプール出身で生粋のリバプールファンですし、(トーレスが退団する事を仮定して)「リバプールの9番のユニフォームに袖を通すチャンスがお前にあるなら、そのチャンスは無駄にするな。」と言ってくれたそうですね。

個人的にはイングランド人のストライカーの獲得を熱望していて、獲得したのが最も希望していたキャロルなのでトーレスへの感情はもうないです。

ベニテス就任後にファンになった方はリバプールは優等生タイプが多かったから心配する人も居ると思いますが、それ以前に在籍してた人は手の付けられない危険な方々が居たから私は平気です(笑)

キャロルはピッチの外では問題児ですが、プレーは荒くはないし、バートンみたいなチンピラでもないので(笑)あの人、大嫌いです。

キャロルがプレミアで貰ったイエローは4枚で、実はトーレスより少ないので乱闘とかもないと思います。

Re:無題

いい人ですね、ノーラン(涙)。これから彼を応援することにします。

>それ以前に在籍してた人は手の付けられない危険な方々が居たから

伝説はいろいろと聞いております(笑)。確かにキャロルをピッチの上で見て、危ないなあとか気が荒いなと思ったことは今までないですね。バートンは私もでぇ嫌いです。早いとこプレミアからいなくなって欲しいと心から思う、たった一人の選手です。他の選手に危険ですから。

無題

トーレスショックをまだ引きずった状態ですが、この記事のケニーの言葉やこのブログにコメントを寄せる皆さんの前向きな言葉に励まされ、私もなんとか前を向いていけそうです。
何より土壇場でのキャロルの獲得などに、オーナー陣の「このクラブを前進させるんだ!」という強い姿勢が見られた事が、今回の移籍市場での最大の収穫だったと私は思っています。

オーウェンが出て行った時もアロンソが出て行った時も辛かった。そして今回のトーレスも辛かった・・・。大好きな選手達を見送るのは何度経験しても本当に辛いですね。

でもケニーの言うとおり、我々ファンも前を向いて進んでいかなければなりませんね。
とにかく今いる真っ赤な選手達を全力で応援です!

Re:無題

私もpuripuriさんや皆さんに励まされております!ありがとうございます^^。

キャロルの獲得にはオーナーたちの意思を見ましたね!正直言って、彼のようなイングランドのタレントは、いずれユナイテッドやチェルシー、シティのような資金のあるクラブにお買い上げされる、レッズには縁のない選手だと思っていました。ヘンリーやワーナーやケニー、コモリが集まって、「この際でかいとこに行ったれ行ったれ!」「おう、行ったれや!」と叫んでいたのかなあと想像すると、なんだか楽しい(笑)。

今日の試合は真っ赤な選手たちがどれだけやってくれるか、すごく楽しみです!新しい時代を迎えた彼らの意気込みが見たいです。

無題

正直最近のリヴァプールの選手は、リヴァプールの土地柄に合わない、おとなしい選手ばかりだったので、キャロル加入はかなり嬉しいです。試合はもちろん、ピッチ外でも何かやってくれそうな選手そういう選手を待ってました。
昔はファウラーやペナント、ベラミーなんかもいましたから問題ないと思います。
それに、キャロルとスアレスの手綱はケニーがしっかりと握ってくれるはずです。

キャロルのデビューが見たくてしょうがないです。

スアレスも今日デビューですると思うので期待しています。W杯韓国戦のような見事なゴールを見せてほしいと思います。

キャロルが中央を重戦車のごとくドリブルし、さらには山のごとく中央に君臨し、リヴァプール戦で見せたようなミドルも決める!
スアレスは左サイドで、ドリブルで相手DF陣を切り裂いて、ゴール!!

カイトはいつも通りの運動量で、キャロルをサポート!

考えただけでもなんか最高です!!
トーレスファンに失礼かもしれませんが、攻撃の幅はかなり広がったと思います。

Re:無題

>ピッチ外でも何かやってくれそうな

逮捕されたり羽目を外しすぎて、プレーに影響でなければ(笑)。遅刻魔なんでしたっけ?それはぜひとも直して欲しいですね。キャラがガツンと締めてくれるかな。
公式HPのインタビューを見ると借りて来たネコのように控えめで、あまりのうわさとのギャップに笑っちゃいましたよ。これから真価を発揮するのがワクワクです!

Goliさんの前線の動きの描写は、目に浮かぶようですね!すばらしい!カイトはこぼれ球にも最後に詰めていてもらって、キャプテンも飛び出して、メイレレスはその後ろでミドルのチャンスを狙っていて、ああいいな~。早く見たくてソワソワしてしまいます。

無題

ケニーの言葉には説得力があって、どの監督よりも大きいクラブへの愛情があって、選手もファンも信じることができますね。
それでもクラブを信じられない人は、例えトップスコアラーであってもクラブにいる必要はない、ということなのでしょう。

すぐに結果はでないかもしれませんが、新しいチームとなって正しい方向にオーナーとともに進めていってくれそうで期待できますね。

スアレスもキャロルもユニフォームが似合いそうで、早く見たいです!

トーレスの移籍は残念ですが、覆水盆に返らず、前を向くしかないですよね。

キャプテンやキャラ、ペペの言葉も聞きたいですね。

Re:無題

そうですね、keiさんのおっしゃるとおりでケニーの言葉は説得力があり、大きな愛に裏打ちされていて、そして厳しくもあり。今彼が監督で良かったなと思います。

>トーレスの移籍は残念ですが、覆水盆に返らず、前を向くしかないですよね。

ですね、こぼれてしまった水のことを考えるより、新しく水を汲むことを考えようと思います。いつか、ケニーと最後にどんなことを話したのか、ずっと先でいいですから聞ける時が来るといいなと思います。
シュクルテルはコメントをしましたね。チームメートたちの中にも、行くんだなという雰囲気があったのかな。

無題

フニクラさん、こんにちわ。
おっしゃる通りスアレスは愛らしいイタズラ小僧って感じですねぇ、
母性本能をくすぐられるタイプかもしれません(笑)。
キャロルは出られないんですねぇ、残念…。
顎かち割るどころかインタビューはモジモジくんでしたね。

怒濤の移籍市場をとにもかくにも乗り切って、
新たな船出に今晩の試合が楽しみです!!!

しっかしスパーズのクレイジーっぷりも面白かったなぁ、
マジ誰でもいいよ〜いくらでもだすよ〜みたいな。
あやうくアダムをもってかれるところだった…。

Re:無題

>母性本能をくすぐられるタイプかもしれません(笑)。

そんな感じです!そしてキャロルの「モジモジくん」、その通りでした!キャプテンGさんのせいで、私の中ではキャロルのあだ名はもうモジモジくんになっちゃいましたよ(笑)。そのうち全身タイツで・・・。

スパーズすごかったですね~、手当たり次第オファーしてすがすがしいほど撃沈・・・。今頃「やっぱりSD必要?」なんて話しているかもしれませんね。

無題

お久しぶりです!遅くなりましたが明けましておめでとうございます。クレイジーな市場を詳しく書いて頂いて本当にお疲れ様です。そしてありがとうございます!!

みなさんは当然ですがトーレスの移籍に酷く悲しんでいますね。ユニも燃やされたし正に愛と憎悪ですね。。。僕は昨年から移籍すると思っていたので、寂しいですが大ダメージは受けませんでした。彼もプロですから仕方なしだと思います。移籍先もまぁ予想通りでしたし、スアレスとキャロルが来てくれたのが大きいですけど。フニクラさんが言ったように£50mは大きかったと思いますしキャロルも多少は高かったかな。でも期待しまくりです!

キャロルは素行の問題でたしかノーランの家に住んでいて教育を受けたとかなんだとか。その時にREDSの教育も受けたのかと想像すると笑えます^^

いろいろな意見がありますが個人的にはラッシュさんの意見に賛成です。GODに比べればキャロルの素行なんて大したことないですよ!ピッチでは荒れてないですし、REDSには優等生の集まりより情熱の選手が似合うと思います。それをキングが束ねればカッコよすぎません!?フニクラさんはどう思いますか?

僕自身とてもネガティブですが、今回の騒動というか移籍市場はポジティブに感じています。REDSがREDSであることは変わらないと改めて感じました!

余談ですが年末に某雑誌のイベントに参加することができまして、有名なジャーナリストさん達の貴重で面白い話が聞けて楽しめました^^某氏に復調はしばらくないと言われたのは置いといて、最後にプレゼント抽選がありましてREDSのユニがガナサポに当りました。。。よこせこのやロー笑
いややっぱり見てろよ某氏このやろー笑 






Re:無題

おお~bearさん、明けましておめでとうございます!こちらこそコメントありがとうございます!!

>キャロルは素行の問題でたしかノーランの家に住んでいて教育を受けたとかなんだとか。その時にREDSの教育も受けたのかと想像すると笑えます^^

へえー、先輩宅で行儀修行ですか!ノーランいい人だなあ、恩人と言っていいかも。暴れん坊を良くしつけてくれましたね(笑)。
私はレッズには優等生でもやんちゃ坊主でもいいんですけど、献身的な選手が集まって欲しいと思います!そういう点ではスアレスもキャロルも、まさしくそういう選手なのですごく喜んでいます。選手たちがチームメートの頑張りを見てさらに一歩前に走る、ケニーがそれを一つにまとめる、そういうチームになってもらいたいです。

楽しいイベントに参加されたんですね、うらやましい!某氏って誰でしょう、予想を外すの得意な人ですか?だったら嬉しいなあ。ガナサポはこれを機会にレッズサポに転向するでしょうから、いい投資です(笑)。

無題

ルイスアはルイス・ガルシアがルイガルのようにルイス・スアレスから取ったんですがルイス&アンディ!その考え方にします。ありがとうございます。

キャロルがチェルシー戦に間に合わないのは残念ですが、スアレスが居ますから大丈夫でしょう!
キャロル、スアレス、カイトのスリートップを見るのが楽しみです!様々な攻撃のパターンが望めますね。

ストーク戦はスアレスは先発で出たい!と言って聞かないと思うのでフニクラさんの予想通り先発だと思います。キャロルが復帰するまではこれがベストでしょうね。予想スコアですがスアレスがハットトリックをやってくれると願って4-0あと一点はキャプテンに決めてもらいたい。
スアレスよ興奮して噛み付くなよ(笑)

Re:無題

なるほど、ルイス・スアレス=ルイスア、それもいいですよ!私なんか、ルイスとキャロル、ルイス・キャロル、うん、これはこれからアリスのワンダーランドの始まりか!なんてすごく恥ずかしいことを考えたりしてました(笑)。あんなはちゃめちゃ世界だと困るんですけどね。

スアレスはベンチですね、残念!ケニーはやって来ましたね~、ディフェンダー6人でこれは・・・3-5-2?いやー、彼は本当にすごいです。

無題

今日の試合が楽しみですね!スアレス出るかなあ。
本当にスアレスはいつも笑っている人ですね!皆さん「crazy happy」というフレーズがよほど気にいったようですね 笑

今日は朝からバベルのお別れの言葉を読んで切なくなりました。彼もまたリヴァプールが大好きだったんだなと思いました。ついでにルイス・ガルシアの手紙も読んであの頃を懐かしみました。
正直に言うとトーレスが来て強くなったのは確かですが雰囲気的にはルイガルがいた頃の方が私は好きでした。あの頃はシセやモリエンテス、バロシュにハマン、スミチェル、キューウェルと挙げればキリがありませんね。でも、ヒーピアもフィナンもリーセもいました。ジェラードを中心にしたチームで、もしかしたらトーレスがいなくなってあの頃のジェラードが戻ってくるか?という期待感があります。
これはあまりいい意見ではないんでしょうけどね…もちろん今のチームを信頼していないわけではないです!

Re:無題

「crazy happy」私はすごく気に入ってるんですよ、ガーナ戦の彼がそんな感じだったじゃないですか(笑)。これから赤いシャツを着てあんなふうに喜ぶ彼をたくさん見たいと思ってます。

バベルはいいヤツですね~。何回も不満をもらしてましたけど、根っこはしっかりレッズだったんですね・・・。

ルイガルの頃のチームが好きというのは、すごく良くわかります!あの頃のチームはワールドクラスと胸を張れるような選手はあまりいなくて、どちらかというと小粒で、でもそういう選手たちがまとまって力の限りを尽くしてくれて、ワールドクラスを集めたチームと互角以上にやり合っていたのが見ていてすごく楽しかった。その中でキャプテンは大将でしたね。
でも、クラブには「リーグを獲る」という大目標がありましたので、チームは作り変えなければなりませんでした。その方向性は間違っていなかったし、あと一歩まで行ったんですけどね!これからは仕切りなおしで再スタートです、それもまたワクワクしますね。

無題

トーレス…ユニフォーム燃やされたりしてますが、キャロルとスアレスが加入できたのは、彼が今まで頑張ってきた評価のおかげでリバプールのこれからにも貢献はしてくれたんだと思うようにします。

キャロルは、絶頂期のビエリのように3人くらいDFひきずりながらゴール決めるような選手になってほしいなぁ。そしてスアレスこそ次のレジェンドに。期待してます。

Re:無題

>絶頂期のビエリのように3人くらいDFひきずりながら

あっ、これ札幌ドームで見ました!一緒に観戦していた友人と、あまりの強さにあきれて笑ってしまったのを覚えています。キャロルならやれそうですね~。

無題

トーレスのことになってしまいますがロンドンの女性はうれしいでしょうね。リバプールの女性ファンは涙ですけど。トーレスは商業的にも貢献してましたからね。まだ未練が、、、。
ケニーの言葉すべてが胸に響きます。今後も彼に期待です。
ノーランも来ればいいのに。

Re:無題

うん、確かにトーレスはチェルシーにはいないタイプなので、ロンドンの女性ファンは喜んでいるでしょうね!リバプールの女性ファンは、えーとえーと、次期アイドル候補は誰がいるかな、そうだスソがいる!私としてはスアレスも推しておきましょう。

無題

リバプールの女性たちも、怒り狂ってますよ! 涙を隠してかもしれませんが。ちょっと違う感覚でした。
栄光の歴史だけではない、悲劇と苦境のなかを団結して耐えてきたこの街とクラブには、選手とのあいだに特別な絆がありますよね。当然、他のどのクラブよりも、選手たちに「一緒に」戦うための忠誠心や正直さ、ハートを求める気持ちが強くて、そういう選手が愛される一方、サポーターの愛に最大の誠意をもって応えなければ許されない厳しさもあるのかなーと思いました。
スアレスもキャロルも、やんちゃかもしれませんがハートの熱い選手のようなので、きっとKOPの心をつかめるでしょう。

それにしても、いちばん苦しいどん底から皆を引き上げた真のレジェンドの言葉の力強さ! 彼が信じているなら、皆信じられる。まさに心に沁みる、ですね。いまキングが監督でほんとうによかった。
と、気分が高揚したところで、ストーク戦に挑みたいのはやまやまですが、果報は寝て待つ(ちょっと違う)ことにします。

Re:無題

>スアレスもキャロルも、やんちゃかもしれませんがハートの熱い選手のようなので、きっとKOPの心をつかめるでしょう。

ですね!2人ともハートが熱く、献身的な選手です。フォア・ザ・チームの気持ちが見える選手は、必ずKOPに愛されますよね。「俺たちの一員なんだ」と感じさせてくれるプレーをする選手は、画面を通して見ていても心を打たれます。

ストーク戦見ないんですか!すごく面白そうなメンバーなのに~。NKさんが果報を聞けるように、日本から念を飛ばして応援しときますね^^。
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<リバプール 2-0 ストーク  | HOME |  新時代>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ