忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


キャラは肩を手術することになり、3ヶ月の離脱と発表されました。キャラとブルクネル医師のコメントです。それから、ホジソンが正副キャプテン不在の時のキャプテン候補と、木曜のELでのメンバーについてコメントをしています。
-------------------------------------
●キャラ(公式HP)
「週末に手術を受けることになる。通常だいたい12週間だ。それより早く復帰したいと思っているが、しっかりと治さなければならない。おそらくは復帰できるのは、2月の終わりか3月の始めごろになるだろう。
俺が怪我をした時は大変なんだ。あまり俺は負傷するほうじゃないし、それはとてもラッキーだと思っているよ。しかしおそらく、今回はちょっとやられたな。
以前にも、足を骨折してこれぐらい長い間離脱したことがある。たやすいことじゃないが、回復に取り組むつもりだし、それが復帰するんだという決意をより強くしてくれる。シーズンの終盤には、選手たちがおそらく少し疲れを感じている頃に、俺は間違いなくプレーしたくでウズウズしているはずだ。」
●ブルクネル医師のインタビュー(公式HP)

ジェイミーが手術をすることになった経過を教えていただけますか?

日曜の試合後24時間、我々はこの負傷について、できる限りの精査をしました。彼はMRIによるスキャンを受け、関節に重い負傷をしていることが明らかになりました。どうすることが最善か、我々は大勢の専門医の意見を聞きました。ジェイミーも交えて話し合いをし、金曜に内視鏡手術を行うことに決めたのです。それが最善の処置であると結論付けました。手術をしないでおくと、再び脱臼するリスクが大きく高まります・・・おそらく50%以上でしょう。我々はそういうリスクを冒すつもりはありませんでした。この手術をすれば完全に脱臼の再発が防げるわけではありませんが、リスクは10%程度にまで減少します。ジェイミーとロイ、メディカルスタッフの総意で、安全な選択肢を取ることにしました。そうすれば、彼はシーズン後半の3分の1はフィットできるでしょう。

これは最悪のシナリオでしたか?

いいえ、もっと悪いこともあり得ました。肩を脱臼した場合、関節が完全に外れてしまうこともあります。骨と関節、靭帯がどれだけ損傷を受けているかによります。骨のかなりの部分が外れてしまう場合もあるのです。ジェイミーの負傷は中程度です・・・軽くもなく、重くもありません。そういう負傷にどう対処するかは、難しい決断です。

彼は非常に気持ちの強い選手で、回復のために全力を尽くすだろうということを私は確信しています。全治3ヶ月という診断よりも、彼が早く復帰できる可能性はありますか?

おそらくは1、2週間といったところでしょうが、基本的にはこの手術からはこれだけの期間を必要とします。全てが癒えるまで、術後4週間は腕を吊ったままになり、それから動かせるようになり、筋力を回復させることになります。3ヶ月というのが平均です。

●他の負傷者について、ブルクネル医師のコメント(公式HP)
「スティーブン・ジェラードは順調ですよ。彼はランニングに復帰していますが、トレーニングには復帰していません。ニューカッスル戦には確実にフィットしそうで、それが当初からの我々の目標です。来週の初めには彼がトレーニングに復帰できることを願っていますよ。全てはプランどおりです。

ジョーはフルトレーニングをこなしており、ヨーロッパリーグの試合に出場可能です。彼はブカレストへ遠征するでしょう。
土曜の練習中に彼は軽い負傷をし、彼がハムストリングの怪我から戻って来たばかりであることを勘案して、リスクを冒さないことに決めました。木曜の夜は、彼は100%の状態になっているでしょう。

アッガーはランニングを開始しています。2週間以内にはフルトレーニングに復帰し、クリスマス前には起用可能と考えています。」

●ホジソン(公式HP)
「(誰がキャプテンマークを巻くかについて)私は考えを決めなければならないだろうが、2人の候補者がいるね。1人はペペで、彼はいろんな意味で明白な選択肢だが、ソト・キルギアコスもいる。彼は木曜に先発する予定だ。
クラブに長い年月在籍して良い実績を持っている人物、そして正しい姿勢を持ち、それを他の選手たちに伝染させることのできる人物を選ぶよ。

(キャラの負傷は)大きな打撃だ。スティーブン・ジェラードが負傷離脱している時だから特にだよ。あの状況で、彼が重傷を負う危険があるようにはとても見えなかった・・・受け入れるのが非常に難しいことだ。
彼はこのクラブにとって重要な人物だ。何が起ころうとも決して倒れないという、古くからのリバプールの精神の持ち主だよ。彼はフィールドの上にそれを持ち込み、他の選手たちに伝染させることのできる人間なんだ。

公式HPより、ELでの選手起用について)マーティン・ケリーとダニー・ウィルソンはステアウア・ブカレスト戦に先発する。彼らにとって、ファーストチーム入りの権利を主張するすばらしいチャンスだ。
トッテナム戦では我々は本来値するポイントを取ることができず、中位の順位に留まり続けている。従って、この次のリーグ戦は非常に重要になるだろう。アストンヴィラ戦でフィールドに送る予定の選手たちには、あまり大勢にリスクを冒すことはせず、慎重に対処しなければならない。トーレスは遠征しない。おそらくは、アストンヴィラ戦で先発メンバーに入れる予定の選手は、6人か7人ここに残しておくことになるだろう。紙の上では私は弱いチームを送り出すことになるが、ジョー・コール、ライアン・バベル、ミラン・ヨバノビッチ、ダニー・ウィルソン、クリスティアン・ポウルセン、ジョンジョ・シェルベイのような選手たちは、リバプール・フットボールクラブのために仕事をするのに十分な力を持っていると、私は信じている。」

-------------------------------------
カイトは肩を脱臼して1ヶ月足らずで復帰しましたが、キャラの場合はもっと重傷だったようです。おそらく靭帯もかなり痛めているんでしょう。筋肉系の負傷ではありませんから疲労が直接関係したわけではありませんが、彼はずーっと出ずっぱりでしたからね。肩の脱臼はガナのウォルコットが何度も再発して苦しんでいましたから、そうならないように、しっかりと治して欲しいと思います。これを良い休養と捉えて、ばっちり英気を養って戻って来てもらいましょう!

正副キャプテンを負傷で欠き、誰がゲームキャプテンを勤めるのか?公式HPではアンケートを実施し、結果はレイナが1位で56%、次いでトーレスとカイトが同率で17%、それからルーカスとメイレレスが3%という結果でした。極めて妥当な結果だと思います。現地フォーラムなどをのぞいて見ると、やはりレイナを推す声が圧倒的に多いです。トーレスを推すのは、彼は今少々自信を失っているようなので、奮起を促すためにという声が大きいですね。
クラブ的にはカイトが第3キャプテンなのかなと思っていたんですが、そういうわけでもないようですね。ヴィラ戦はレイナがキャプテンを勤めそうで、公式戦初、すごく楽しみです!「もう1人の候補者がキルギアコス」というホジソンのコメントは、ファンの気持ちとはずいぶん乖離がありそうな・・・。例のノーザンプトン戦ではアッガーやルーカスがいたにも関わらずキャプテンマークを巻いたのがソトで、個人的にはかなり違和感があったんですが、ホジソンは彼を買っているんですね。木曜はおそらくかなりメンバーを落とすことになり、レイナも出場しないかもしれませんので、そうすると消去法でソトになるんでしょうか。
ELのCBは、ウィルソンとソトがコンビを組むことになりそうです。第3CBは彼なのか?CBとして公式戦に出場するのは初めてですから、彼らしい良いプレーを見せて欲しいですね!!最終ラインからの組み立てに期待。

ここからは、未来と過去のスペイン人2人のインタビュー記事をご紹介します。未来のスペイン人はヘスス・フェルナンデス・サエス君、通称スソ。プロ契約を交わした意気込みを語っています。過去のスペイン人は、ラファエル・ベニテス。ヨーロッパチャンピオンとしてクラブワールドカップに向かうに当たってFIFAのインタビューを受け、その中でリバプールのことを語っているので、取り上げてみました。
-----------------------------------------------
●ジーザス「スソ」インタビュー(公式HP)

こんにちは、スソ。大勢のファンがあなたは将来有望だと思っていますが、彼らはあなたのことをほとんど知りません。あなたのバックグラウンドを、ちょっと教えていただけますか?

うん、僕はカディスで育ち、両親と妹がいて、妹は12歳。10歳の時にカディスに入って、リバプールと契約するまで楽しい5年間をそこで過ごしたよ。

カディスに在籍していた時の、一番懐かしい思い出は何ですか?

僕はあそこでたくさんの試合でプレーした。僕の意見では、スペインリーグはここよりも易しいと思う。でもU16のセビージャ戦のことは、特によく覚えているよ。僕たちが2-1で勝利して、2ゴールとも僕が決めたんだ。驚くような試合だったよ。

カディス時代に、あなたの成長に大きな役割を果たしたコーチ、あるいは選手はいましたか?

そういうコーチは何人もいて、特にU14レベルでのコーチが、僕を大きく成長させてくれた。でも、一番僕の力になってくれたのは父親だね。彼はフットボーラーではないんだけど、5歳の時から僕のコーチだったんだ。いつも一緒にフットボールをしていて、父には大きな恩があるよ。

スペインにいた時、あこがれていた選手は誰ですか?

僕はミッドフィールダーとして、ずっとチャビをすごいと思っていた。彼はバルサとスペイン代表の両方で、すばらしい選手だ。

あなたのフルネームはヘスス・フェルナンデス・サエスですが、「スソ」と呼ばれる理由は何ですか?

父親も周りからスソと呼ばれていたんだ。ニックネームだよ。僕がおそらく5歳か6歳の時、フットボールチームにいた友達の1人が、僕を「スソ」と呼び始めたんだ。理由はわからなかったよ。でも彼が言っているのを他の人たちが聞いて、皆がそれを使い始めたんだ。それ以来ずっとそうだよ。

レアル・マドリーとバルセロナが、あなたに興味を持っているとうわさされていました・・・リバプールに加入したその理由は?

僕はずっと、ラ・リーガよりもプレミアリーグの方が好きだったんだ。そして、ここに来るほうがいいと決めたんだよ・・・イングランドの気候があってもね!2005年のチャンピオンズリーグの決勝、リバプールがACミランを破った試合を見ていたのを覚えているよ。驚くような決勝で、あれで僕は、このチームでプレーするという考えが本当に気に入ったんだ。

さて、あなたはレッズと初めてプロ契約を交わしたばかりです・・・どう感じていますか?

すごく幸せを感じているよ。ここに長い間いたい。がんばってリバプールのファーストチームでプレーして、全試合に出たいよ。でもそれを達成するためには、もっと一生懸命がんばって、毎日全力を尽くさなければならないね。

セスク・ファブレガスのように、非常に若い年齢でプレミアリーグに加入し、チャンスを得た選手たちがいます。あなたもそれを願っていますか?

うん、上手く行けば僕にもそれが起こるだろう。毎日一生懸命がんばって、リザーブで良いプレーをしなければならない。そうすれば、チャンスは来るかもしれない。

子供の頃サポートしていたチームはどこですか?

レアル・マドリードだった。今も彼らの結果はチェックしているんだ。アンフィールド以外で僕がプレーしたいスタジアムがあるとしたら、それはベルナベウだよ。子供の時初めて買ってもらったシャツは、マドリーのやつだった。

あなたは実際に、最近アンフィールドでプレーするチャンスを得ましたね。ジェイミー・キャラガーの記念試合で短い出場を果たしました。そのご感想は?

驚くようなことだった。僕はホテルにいて、メルウッドから電話がかかって来て、あの試合で僕が出場機会をもらえると言ったんだ。最初は本当に信じられなかったよ。そして彼らは、この時間にグラウンドに来るようにと言ったんだ。正直言って、ちょっと気が遠くなったよ。ウォームアップにピッチに出て、見回したらものすごい数のファンがいて、あれは驚きだった。入って10分くらいプレーできて、すばらしかったよ。ピッチに出てたった2分で疲れてしまったって言わなければならないけどね!観客みんなからのエネルギーを感じることができるんだ。あそこでプレーするというのは、ものすごく特別なことなんだよ。

FAユースカップでリバプールが勝ち上がることができれば、あなたはまたあの神聖な芝の上でプレーするチャンスを得られるかもしれません。あなたはまだそこでプレーする資格がある年齢ですが、ロドルフォ・ボレイかジョン・マクマホンと、そのことについて話はしましたか?

いや、誰も僕にそのことは話していない。大きなスタジアム全部でプレーするようになりたいとは思うけど、僕はリザーブでのプレーに集中したい。ユースカップのことは、まだ何も知らないんだ。プレーするかもしれないけど、話は聞いてないよ。

キャラの記念試合では、リバプールの偉大な選手大勢の中に加わりましたね・・・特にあこがれている選手は誰ですか。

僕はジェラードが好きなんだ。彼はすばらしい選手だ。

クラブの他のスペイン人選手、ダニ・パチェコのような選手とは仲良くしていますか?

そういう選手みんなと話をするし、みんなと仲良くやっているよ。僕は個人的にパチェコが好きで、彼はとても優れた選手でもある。

アタッキング・サードでのあなたの能力に関してはみんなが知っていますが、ご自分のプレーで成長が必要な部分はどこでしょうか?

強さとディフェンス能力を成長させる必要がある。最近の2試合のリザーブマッチでは、僕はそれをやるために中盤の真ん中でプレーしたんだ。そのところでもっと強くならなければいけないことはわかっているよ。

英語とスカウスに関してはどうです?上達していますか?

うん、週に2回レッスンを受けているんだ。他の選手たちとも話をするし、それも上達の助けになっているよ。これまで、1つか2つスカウスの言葉を覚えたよ。

スカウスの選手たちの言っていることは理解できますか?

(笑)うん、もちろん。

ロイ・ホジソンは、リザーブでのあなたのプレーのいくつかに感銘を受けたと述べており、プレシーズンでは、ボルシア・メンヒェングラートバッハとの親善試合であなたは彼と一緒に仕事をしています。どのような経験になりましたか?あの時のあなたはまだ16歳でした・・・

信じられないような経験だった。更衣室でラヒーム・スターリングの隣に座って、スティーブン・ジェラードやジョー・コール、グレン・ジョンソンといった選手たちがいるのを見回していたのを覚えている。信じられなかったよ。ロイ・ホジソンはとても良いコーチで、良い人でもあると思う。トレーニングで間違ったことをした時に彼は僕に声をかけて、どうするのが正しいかを教えてくれた。そういうことが僕の成長の力になるはずだ。

イングランドとスペインのフットボールの、一番の違いは何だと思いますか?故郷が恋しくはなりませんか?

スペインでは選手たちはもっと技術的だね。ここの選手たちも技術的ではあるけど、フィジカルも強い。ここの試合は、選手たちにより多くの運動量を要求する。そういう理由で、より難しいと思う。スペインに関しては、僕が一番恋しいのは食べ物なんだ。家族がAigburthに僕を訪ねて来てくれる時には、ママが料理をしてくれるんだけど、最高だよ。多分気候も、僕が恋しいと思うことだね・・・それに友達。僕はセフトン・パークに散歩に行くんだけど、あそこはいいよね。

これまでリバプールで過ごした時間の中で、あなたのハイライトは何でしょうか。

ニューカッスル戦で良いゴールを決めて、みんな喜んでくれたよ・・・(ちょっと間をおいて)でもアイルランドとの親善試合かもしれない。僕は得点を決めて、良いプレーができた。あそこでの僕たちの試合を楽しんだよ。

それでは最後に・・・リザーブでプレーもトレーニングもない時には、あなたはフットボールのピッチを離れて何をするのが好きですか?

家族と時間を過ごすのが好きだよ。映画を見に行くのも好きで、大好きなんだ。ここ一年くらいで見た一番の映画は、ウィル・スミスが出ている「7つの贈り物」だね。あれは見る価値があるよ。

●ラファ・ベニテスインタビュー(FIFA.com)

イングランドであれほど多くの感動と勝利を経験して、これまでのところの暮らしはいかがですか?

私はイタリアで本当に上手くやっています。過去に何度もサルディーニャで休暇を過ごしており、私にとってはすでに親しみのある国でしたが、ここミラノで日ごとにその良さをさらに発見しています。しかし、私の心の中には今もリバプールがあることは認めなければなりませんね。離れてはいても、私はあのクラブの最新ニュースをチェックしています。レッズファンたちとすばらしい関係を持っており、彼らが最近、ナポリ対リバプール戦の前日にインテル対トッテナム戦を観戦しに、サンシーロを訪れてくれたのはうれしかったですね。イスタンブールでの伝説的な決勝戦で、我々はインテルの宿敵であるACミランを破りましたので、リバプールとインテルの間には、深いところでの親近感があるんです。

そのチャンピオンズリーグでの大会に続いて、FIFAクラブワールドカップ2005がありました。そこでのサンパウロ戦での敗北を埋め合わせる時が来ましたか?

あの大会のことは良く覚えています。私のリバプールのチームは準決勝でクラブ・デポルティボ・サプリサを相手に3-0で勝ち上がりましたが、決勝ではブラジルチームを相手に1-0で敗れました。あの試合の終盤に起こったことには非常に落胆しました。少なくとも私たちの3ゴールが取り消されました。あの日の私は非常に怒っていましたよ。

この大会であなたに大いに役立つことを、何か学びましたか?

気候が違うでしょう。今回は我々はUAEの暑さの中でプレーすることになります・・・気温がどのくらいになるか知る必要があり、極端な高温にならないことを願っています・・・一方の日本では冬でした。それから、時差に適応するのにどれくらい時間を要するかも、考慮しなければなりません。今回はその点については、ヨーロッパのチームの方が比較的短くてすみます。それは我々側からするとポジティブな面です。この大会に、より近い場所から出発できますからね。2005年は日程がかなりきつく、私はチームをローテーションし、初戦ではピーター・クラウチを起用しました。彼は2得点を挙げました。そして決勝では、フェルナンド・モリエンテスを起用しました。今回のインテルでもほぼ同じでしょう。我々は非常に多くの戦力を有しており、彼ら全員がトップクラスです。

あなたたちの相手については、すでに知っていますか?

今のところは、ブラジルのSCインテルナシオナルに集中しています。私自身が彼らの1試合を観戦しており、速く技術的に強いチームだと思いました。大会が始まる前に、我々は他のライバルたちも詳しく視察するつもりです。自分たちの強さはわかっていますが、全大陸のフットボールの独自性を尊重していますからね。

あまり知られていない2チームが準々決勝で対戦し、そのどちらかが準決勝であなたの対戦相手に決まるわけですが、そういう場合はクラブのスカウトはどういう仕事をするんでしょうか?

私たちは両チームの資料を集め、それからスタッフの何人かがそれぞれの試合を観戦します。その後はもちろん、勝った方のチームに集中します。私自身は、レポートを読んでから、ビデオを分析するでしょう。

あなたはインテルで数ヶ月を過ごしましたが、イタリアのフットボールとイングランド、あるいはスペインのフットボールとの違いはどこでしょうか?

スペインでは試合はよりテクニカルで、イングランドではよりフィジカルで、一方でイタリアではより戦術的です。それぞれの国がチャレンジであり、私は自分を試される場所に置くのが好きなんです。今年はワールドカップに出場した選手たちが遅れて戻って来て、私たちはすぐに2つのカップ戦の決勝に備えなければなりませんでした。簡単ではありませんでしたが、我々には厚い選手層があり、アブダビにコンディションのピークで臨みたいと強く願っています。ここでの私の役割は少し変わりました。ここイタリアでは、スペインと同じようにフットボール・ディレクターがおり、移籍市場での最終決定権は彼にあります。一方でイングランドでは、マネージング・ディレクターに答えなければならないとしても、監督がもっと権限を持っています。どちらのシステムでも、上手く機能することは可能です。

スペインに関してですが、代表チームが史上初の世界チャンピオンになれた秘密は何でしょうか?

その秘密は、極めて才能ある若い選手たちを頼りにできたことと、何よりもまず、彼らの技術的能力を現代フットボールの激しさと上手く融合できたことです。

いつかスペイン代表、あるいは他の代表チームの監督をしたいと思っていますか?

私はまだ若いので、今は毎日自分のクラブで仕事をし、ヨーロッパや世界レベルでの勝利を目指す方がいいですね。将来的には、やりたくない理由はありませんよ。

-----------------------------------------------
スソはリバプールに良くなじんでいるようですね!映画を見に行くのが好きということは、英語に問題ないんでしょう。スターリングと並んでドレッシングルームの端っこにちんまり座って、「うわあジェラードだよ、ジョンソンだよ」と目を丸くしているところを想像すると、ほほえましくなりました。しかし2、3年後には、ピッチの上では「何で俺に出さないんだよコノヤロー」くらいのジェスチャーを見せてもらいたいですね。スクスク成長して、レッズの未来を担う強い選手になってくれ!
このインタビューの中からは、数日前の公式の記事で触れられていたラファの電話の部分がなくなっています。うーん、まあ深く考えないようにしておこう。

リバプールの横浜国際での決勝は、良く覚えています。生まれも育ちも北海道の私が寒さでガクガクしているのに、横の多分リバプールから来たサポーターたちが、薄着で元気にビールをガブガブ飲んでいるのを見て、人種というより生物の種そのものが違うのではないかと思いました。最初にラファの父親が亡くなった黙祷があったんですよね。試合終盤にはルイガルのヘッド、ヒーピアのヘッド、シナポンのシュートがネットを揺らしたんですがオフサイドなどで認められず、そのほかにもロスタイムにルイガルがボックス内で倒された場面もありました。あの頃のルイガルは、魔法使いのようでした。

私は実は、過去の試合を見直すことがあまり好きではないんです。その時にものすごく好きで応援していた、そして今はいない選手たちが赤いシャツを着てプレーしているのを見ると、なんとも言えない喪失感に襲われるからです。ヘナチョコです。と同時に、今ピッチに立っているこのチームもあっという間に移り変わるのだから、今の彼らを力一杯応援しなければという気持ちにもなります。しかし、ここは敢えて、あの時のチームを振り返ってみましょう。5年前の12月、横浜国際のピッチに立っていたのは彼らでした。

        モリエンテス
キューウェル ルイス・ガルシア キャプテン
       シソコ アロンソ 
ウォーノック ヒーピア キャラ フィナン
          レイナ

(SUB)デュデク、カーソン、ホセミ、トラオレ、リーセ、クラウチ、シセ、シナポン

5年前と今。果たしてどちらのチームが強いでしょうか?
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

スソ君とパチェコのスペインコンビに将来レッズを背負ってほしい。

懐かしいですね。
住んでいるのが横浜だということもあり、私も観に行きました。
おっしゃる通り、本当にあの頃のルイガルは魔法使いのようでした!
あっ でもキューウェルもオズの魔法使いですねっ。
モロ結構好きな選手だったんですが、レッズではあまり活躍できませんでしたね、、、
いまとどっちが強いんだろう。。。。。
一つ確実に言えるのは二つが合体すれば、間違いなく世界最高のチームでしたね。
アロンソ、、、、、

自分はラファがすっごく好きでした。
確かに昨シーズンは不調でしたが、私は一切ラファの解任を望んだこともなかったです。
正直、インテルで失敗して、どうにかレッズに戻ってきてくれないかと望んでいる自分がいます。


まぁあんまり強引なウリエが好きじゃなかったのもあるんですけどね、、、、、

Re:無題

横浜にお住まいですか、良いところですね~。キューウェルにはもう少し魔法使いっぷりを見せて欲しかったですが、怪我に泣かされてすごく残念でした。リーズ時代の彼は私もすごく好きで、大いに期待したんですけどね。

ラファはきっといつか戻って来ると、私も期待しつつ願っております。でも今じゃなく、もっとずっと後で。なんだか悔しいんですよ、インテルを追い出されて戻って来るって言うのもね。彼が帰って来るときは、優勝請負人みたいなハクをつけていて欲しいんです。

無題

キャラガーの離脱は悲しいですが、アッガーが復帰した時たぶんスクルテルとアッガーが組みますよねそれがちょっと楽しみです。
レイナがキャプテンやってる姿早くみたいです。でも明日はジョーンズでしょうか。パチェコも先発で見たいです。ウィルソンはこのチャンスを生かしてプレミアでも見てみたいし、良いプレーしてキャラガーを安心させて欲しいです。中盤はポウルセンとシェルベイを希望です。
スソにはとても期待しているので頑張って欲しいです。スターリングたちと将来リヴァプールを引っ張っていって欲しいです。プレミアで早くみたいなぁ~。
正直ベニテスが好きだったんでまだ戻ってきて欲しいという気持ちがあります。5年前と比べると確実にFWは強くなったと言えると思います。トーレスの本調子が早く見たい!
明日はヨバ、パチェコ、シェルベイが決めて3-1で勝つと予想します。
毎回予想してすいません。

Re:無題

>アッガーが復帰した時たぶんスクルテルとアッガーが組みますよね

こうなってくれるといいんですけど、私はそれに若干(とても?)疑問を感じていまして、それが心配で。ちゃんと使ってくれるかなあ。

公式HPでレイナキャプテンとホジソンが言ったそうですので、彼が出場ですね!でもヴィラ戦もそのままとは言わなかったそうで・・・???
中盤は私もポウルセンとシェルベイが希望です!他にやれる選手というと、遠征メンバーではルーカスだけなんですよね。パチェコもできないことはないですが、さすがにこの試合では無理でしょう。

スコア予想は楽しいですよね、私も予想します!パチェコ、バベル、キルギアコスで3-0!

無題

シャビ・アロンソ、モモ・シソコ、ジェラード、マスケラーノ〜♪です

パチェコやシェルベイは、キャプテンやトーレスたちと
一緒のピッチで見たいです。
ホジソンの発言はクラブの若手に愛を感じないんですよね。。。それが嫌です(采配も好きではないですけど)。

Re:無題

>シャビ・アロンソ、モモ・シソコ、ジェラード、マスケラーノ〜♪

この歌を聴くと今でも目がウルウル。みんなずーっとレッズにいると思っていた・・・。
私もホジソンの発言は、愛を感じません。若手に限らず、選手みんなに対するリスペクトを感じられないです。

無題

まず、もうホジソンには失望しました。

紙の上では弱いチーム?このリバプールで誇りや伝統を感じてプレーしている選手にものすごく失礼です。
その言葉を聞いた選手はものすごくがっかりするのが分からないのですかね?

そしてスパーズ戦の逆転弾を入れられた後。
あの姿にはがっかりしましたし、怒りさえ感じました。さようなら、ホジソン。

あーすっきりしました。この愚痴をフニクラさんに聞いてほしかったのです(笑)

アウレリオは途中からって感じはしないですし、バベルやヨバがいるのでもっとうまくつかえないのですかね。
そしてコンチェスキーは終始抜かれてたイメージしかありません。アウレリオまたはケリーがいいと思います。
マイナスイメージだけが頭にあります、、すいません、、、

前半は良かった気がします!特にメイレレスが。
ルーカスともよく組めていますし、裏を狙う意識もありました。
ヌゴクはもう一歩て感じですかね。

ネガティブな投稿になってすいません。
我慢すると言ってましたが、もう無理みたいです(笑)

Re:無題

弱いチームって言い方ないですよねえ。「若手を信頼している」とか「リバプールでやれるだけの力がある」とか言っても、取り繕っているだけのようで、本心からの言葉に聞こえないんですよ。なんだかなあ・・・。それでキャラには「タリスマン的な選手」って、そのギャップの大きさがなんかすごく姑息な感じがしてイヤです。私もグチっちゃいました(笑)。

コンチェスキーは、判断とポジショニングというところに問題を感じます。もっと良い選手だと思っていたんですが、どうしたんだろう。

今季もなかなか辛いシーズンを送っていますが、それでもケリーやルーカス、エンゴグの成長が見られるのは嬉しいですね!ケリーはもっともっと使って欲しいんですが、左はどうでしょうね、まだ若いので、できれば彼のやりやすい場所で使ってあげて欲しいと思います。

無題

フニクラさん、なんか郷愁的ですね。
どちらのチームが強いでしょうかなんて・・・

私は好きになりたての時期だったので、
今はいない選手を思い出してしまいました。
ラファがそう思ってくれてるように、
僕たちも彼を思う気持ちはありましょう。

現監督の余計な事言い癖に耐えられなくなってる師走です。

Re:無題

枯葉の舞い散る頃ですからねえ(笑)。いつでもずっと「今のチームが最強!」と思っていたんですが、ラファのインタビューを読んであの頃を思い出したら、ああ、こんな選手たちを見たんだなあって、ふと考えてしまいました。5年前と今の比較には、当然監督も入っております。

涙。。。

はうっ(T_T)キャラあぁ。。。

最近はすっかり老害あつかいされてきましたが、ついに長期離脱となってしまいました…。
ともかくも、しっかり治して帰ってきてくれるのを待ちます。
若い連中が「ゆっくり休んでてくださいね~♪」と言えちゃうくらい、しっかりと留守をつとめて
くれることを期待しましょう!…うう。

お願いですからミョーなの緊急補強しないでくださいよぉ…。

横浜のCWCは予定がつかずに準決勝しか見に行けませんでしたが、決勝戦は録画したものの
実は未だに見てなかったりするスーペルへたれでございます。
その5年前のメンツは泣けます。今が今だけに、…いろいろ、思い出さずにはいられません。

Re:涙。。。

かばちんさんは5年間録画を温存しているんですね(笑)。確かになんかフラストレーションのたまる試合でしたから、見ない方がいいかも・・・今見たら余計寂しくなるし。

>お願いですからミョーなの緊急補強しないでくださいよぉ…。

これですよ!ここはコモリにぜひっともしっかりとお願いしたいです。彼が入ってくれて本当に良かったです、そうでなかったら今頃100倍心配していたかも。ホジソンが若手起用に若干シフトしているように見えるのも、コモリ&オーナー効果かなと思います。
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<ステアウア戦に向けて  | HOME |  トッテナム 2-1 リバプール>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ