忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アダム獲得とフラナガンの契約延長について、ケニーがコメントをしています。
--------------------------------------------------
●ダルグリッシュ(公式HP)
「(アダムの獲得に)我々は喜んでいるよ。忍耐が報われたね。私たちは1月にチャーリーを獲得に行った・・・ブラックプールは彼をキープしたいと思い、それは理解できる。彼らはなんとかプレミアリーグに残留しようとしていたからね。我々の関心は決して消えなかった。両クラブとチャーリーは忍耐をし、その後ブラックプールは降格して状況が変わった。

チャーリーがここで成功するのを楽しみにしているよ。彼は昨シーズン、ブラックプールのチームに非常に大きく貢献していた。ここで同じ貢献をしてくれることを、私たちは楽しみにしているんだ。私たちは彼の能力を知っており、昨シーズンにプレミアリースであれほどの成功を収めた理由もわかっている。
(フラナガンの契約延長について)皆にとってすばらしいことだ。彼とジャック(ロビンソン)の2人揃って昨シーズンに上がって来たのは、ファーストチームの選手たちを盛り上げたよ。彼ら皆、若手がチームに入って来るのを見られるのがとてもうれしいんだ。あの2人はとんでもなく良くやってくれた。
知っての通りフラノは数多くの試合に出場したが、彼は決して心を乱さず、すばらしい姿勢で試合に臨み、大きな貢献をしてくれた。この契約延長は、彼がやってくれた仕事に対する報酬だ。

彼をここまで連れて来たのは、アカデミーのスタッフたちが今までやって来た仕事の成果だ。その最初の1人だと私は確信している。彼らはフラノを私たちに与えてくれた。非常に優秀な選手を与えてくれたよ。そして、彼をさらに成長させるのは我々にかかっている。彼はプレーした全ての試合で、とてつもなく良くやってくれた。

地元出身者であるということは、おそらく他の誰かが上がって来るよりも大きな意味を持つ・・・しかし、契約を勝ち取るのはどこで生まれたかじゃない。ピッチの上で何をしたかだ。彼が生まれた場所はボーナスだよ。

彼がやらなければならないのは、良いスタートからさらに積み上げて行くことだ。自分が成し遂げた成功や、受けた数々の賞賛の言葉に、彼は決して浮かれることはなかったよ。そしてこの契約延長にも決して浮かれることはないと、私は確信している。栄誉にあぐらをかく人間も時にはいるが、彼はそうではないと私は確信しているよ。」

--------------------------------------------------
エコー紙によると、フラノの契約延長は4年で2015年までだそうです。長い契約を取りましたね、これはうれしいでしょう。そしてケニーの言葉はいいですね。「これから彼を成長させるのは我々の仕事」という言葉に、ものすごく頼もしさを感じます。やがては国を背負えるようなでっかい選手になってもらいたい!その頃はケリーはCBで。その隣には、これまた契約延長したウィズダムがいるかもしれません。

ところでこれは余談ですが、若手をフラノとかロボとかスピアロとかヘンドとか苗字に"O"をつけて呼ぶのが、最近クラブ内で流行っているんですかね?

それから公式HPでは、新規獲得の選手たちの番号が発表されました。ヘンダーソンが14番、アダムは26番で、スピアリングは20番に変わり、それからマキシが17から11番に変わるそうです。アダムは「スピアリングが譲ってくれた~♪」とうれしそうにつぶやいてます。彼は今までツイッターでつぶやくと「そんなことより移籍はっ?!!!!」とうるさくてなかなかできなかったのか、現在はすっきりして絶好調つぶやき中。良かったね(笑)。

ヨバは14番を譲ったというより、もういないことにされているような感じです・・・。それに、番号のないアクイラーニとインスーアは相変わらずそのままです。むーーー、2人の立場は微妙なんですかね。と、ちょっと気になっているところに、ななななんとテレグラフ紙の記事が、日曜に出発するアジアツアーにメイレレスは帯同しない模様と報じています。ちょちょちょちょっと待てロリー君、それは本当か?!!!

記事では、インテルの関心は冷えたようだが、フィオレンティーナとユベントスが獲得に乗り出しており、遠征を免除されるということは移籍が近いのではないかと書いています。ユベントス・・・?交換要員にメロとか、貴婦人様ふざけすぎ。キエッリーニくらい言ってみろ。
この件については、日曜になれば本当にメイレレスがツアーから外れたかどうかわかるでしょう。そう言えば、金曜の練習風景の中に彼の姿を見つけられませんでした。マキシやカイトは戻ってきていましたね。グラクシやロビンソン、ウィズダムの姿もありました。

テレグラフの記事のメインの話題は、新スタジアム問題が改築ではなくスタンリー・パークへの移転になりそうだ、というものです。先日ヘンリーオーナーがファンからの質問にツイッターで答え、「アンフィールド改築がもちろん我々の第一の選択肢です。しかし、現実としては他の道を選ぶことになるかもしれません。障害が多すぎるんです・・・」と言いました。それを受けて各紙が、「アンフィールドから移転か?」と報じています。

確かにアンフィールド改築は、スペースの問題、改築中の試合をどこでやるか、リバプール市の意向など、ハードルが山積です。それでもFSGはアンフィールドに残る道を探していろいろと検討しているんでしょうが、最終的に移転という決断になっても現地ファンは納得するだろうと思います。ものすごくがっかりはするでしょうが・・・。タイムズ紙によると、リバプール市はクラブに対し、スタンリー・パークの999年賃貸契約について結論を出すのを9月中にお願いと言っているそうです。現在世界的に建築コストが下がっていて、新築ならば当初£310mといわれていた建築価格を今なら£46m削減できるとか。

新築になると当然ネーミングライツを売ることになりますが、Bloombergは胸スポンサーのスタンダード・チャータードがその契約に興味を示していると書いています。太っ腹にどーんど払ってくれるならいいですが、シティみたいな色がメインカラーのスタジアムになるのだけはカンベンです。シティはネーミングライツの契約が発表されましたね。相手はアブ・ダビのエティハド航空で、オーナー繋がりでFFPR対策のとてつもない高額の契約を結んでいるんじゃなかろうな・・・。タイムズ紙は10年で£150mの契約と書いており、それならまあまあ、まともです。
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

14番がヘンダーソンならいいです。アダムも26でめでたしですね。スピーリングの20は狂犬役として認められたということなんでしょう。
マキシの変更は何なんでしょうね。マキシが残留することがわかったということで嬉しいのですが、11は左ウィンガーに空けていたものと思っていたので、それは無しよって事になるんでしょうかね。そこだけ心配です。
17は若い頃のキャプテンがつけていた番号なので、契約時にフラノにあげてしまえばよかったのにとも思いました。

ユベントスはふざけてますね。今までセリエの中では好きなほうのチームでしたが、もうユナイテッド並みに嫌いなチームになってしまいました。クラシッチでもメイレレスはやらんというのに、メロとは・・・一番いらんわ。単なる不良債権放棄じゃないか。もし、出て行くことがメイレレスの意思だとしても、それならフィオに売ってやりたいですね。ルイ・コスタがいたチームなので。
給料とか、年齢とか、アダムの加入とか、アクィラーニが帰ってきたこととか、サイドで使われることとか、メイレレスにも考えてしまうところがあるのは仕方ないと思います。しかし、アダムよりアクィラーニよりメイレレスが真ん中にいるのが自然だし安心だと思うんですけどね。
それにしても、負債ありきの昨シーズンとは違うわけだから、ビジネスライクな取引ってことなんですよね。んー、そういうクラブになっちゃうのも寂しいことですね。

Re:無題

番号はこれから空きが出そうなところが多く、全部落ち着いてから決めるのかと思っていたので、ちょっと意外でした。ウィンガーは来るでしょう!来てくれなければ困ります!ねえ。

ユベントスは何でアクイラーニじゃだめなんでしょうか、ホント良くわからないです。フィオレンティーナはアクイラーニのうわさもあって、同じポジションとはいえ、なんだかメイレレスとかぶるんですよね・・・。
メイレレスが出て行くとしたら、これはやはりビジネス的な部分が大きいんでしょうね。私もtamourinhoさんと同感で、レッズがアーセナルのような方針のクラブになるのは寂しいし嫌だなと思います。

無題

フラナガンはプレー的にも素晴らしいですがなんといっても若い時に見せてほしい熱いプレーをしてくれますよね。

7試合でイエロー3枚ということからもわかります。(シュクルテルは38試合で8枚。)特に彼のインターセプトからゴールにつながることも多かったですし。ホームのバーミンガム戦のマキシの先制点、アウェイのフラム戦のマキシのミドルなんかはフラナガンからだったと思います。

ロビンソンもエミレーツで気持ちのこもった守備を見せて(線審にF○CK!!言ってたしw)ウォルコットを抑えてるのをみて大好きになりました。

これからも得た出場機会でしっかりプレーしてジョンソンなどを脅かすような存在になってほしいです。純粋なリバプールユースの選手ですし。

メイレレスは金曜の練習いましたよー。画像見ました。ただアジアツアー不参加となると移籍はほぼ確実でしょうね。アーセナルはセスクがアジアツアー不参加確定してるし。

ユーヴェはメイレレスの代わりにアクイラーニとポウルセンの復帰なんてどうですかね?w私は彼らを推薦しますがw

Re:無題

>ロビンソンもエミレーツで気持ちのこもった守備を見せて(線審にF○CK!!言ってたしw)

そうそう、彼には大人しめのイメージがあったので、あれは驚いたし実はすごくうれしかった(笑)。走りっこでウォルコットに負けなかったのもすごかったですね~、彼のプレーは見ていて本当にワクワクしました。若手はああでないと!

>メイレレスは金曜の練習いましたよー。

そうですか!もしかしたら怪我かもなんて思っていたんで、無意識に見逃したのかも~。でも彼は無事帯同していましたね、良かったです。うわさは相変わらずですが、彼には残って今季も赤いシャツを着てもらいたいです。シソコの勧誘もしてもらわにゃならんし。

無題

いつもフニクラさんの文章を読んで元記事をチラッと見ますが、すごく好きでフニクラさんの翻訳の仕方!

Re:無題

結構あやしい訳なのに、そう言っていただけるとすごくうれしいです^^。これからもよろしくお願いします!

無題

お疲れ様です。

おー、マキシは残留するのかなー。控えにはマルチなタイプと局面打開タイプが必要となると、いて欲しい選手ですよね。

それにしても放出は一筋縄にはいかんですな。長期だったラファ時代から今のフロントならまだしっくりきたものの、間に半年のホジソンバースロー時代があるからややこしい。結果を出してない選手はしょうがないと割りきれても、アクイラーニやメイレレスにはとばっちりですね。痛みなくして改革なしと昔誰かが言ってたけど、切ないですー

Re:無題

マキシは昨季の終盤の活躍で、自ら11番を勝ち取ったって感じですね。彼はスタメンは難しいかもしれませんが、交代で出ておっしゃるように局面を打開する役割をしてもらいたいです。そういうベテランがベンチにいるとすごくありがたい。

>痛みなくして改革なしと昔誰かが言ってたけど、切ないですー

全く同感です!痛くてもしっかり改革してくれれば、ファンとしては納得できますよね。そう言えるような結果になって欲しいです。

無題

ユベントスはこっちね足元を見ているつもりですかね?
自分的に、ちょうど同じぐらいな時期からCLに出れなくなって、リーグ戦の順位も落ちてきてしかも、アクイラーニのレンタルと、少し親近感みたいなものを感じていたんですが…

ユベントスも最近は資金も増えて、状況は改善されてるみたいですけど、今回の件で、もうお前たちとはちがうんだからな!って思っちゃいました笑

スタジアムの件に関しては、どちらにせよ拡大は絶対必要だと思います。
(自分で言うのもアレですが)ビッククラブなのに50000人収容できないってのは痛いです。
前に、キーガンも同じようなこと言ってような

スタンフォードブリッジも小さいですけど、あそこには富豪がいますからねぇ…

Re:無題

私も実はデッレアルピに何度か足を運んだことがありまして、ユベントスには親近感があるんですよ・・・。良くユベファンの友人となぐさめあってるし(笑)。でも最近は文句を言うことの方が多くなったかなあ。

スタジアムについては、新築に傾いているような感じですね。アンフィールドがなくなるというのはすごく寂しいですが、新スタジアムでこれからチームが忘れられない記憶をたくさん刻んでくれれば、いつかそのスタジアムも、アンフィールドのような歴史ある貴重な場所になってくれると思います。それを一つ一つ目撃できるのもファン冥利に尽きるってもんです^^。
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<メイレレス帯同!  | HOME |  アダム&コモリインタビュー>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ