忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


イングランドとの親善試合に向けて、シュクルテルとスロバキア代表監督のコメントです。
-------------------------------------
●シュクルテル(SKY SPORTS)
「イングランドとの試合は、僕にとっては特別なものになるだろう。スティービー、ランパード、クラウチのような選手たちと戦うというのは、僕にとって挑戦だし、良い対戦だ。
この試合はスロバキアにとっては威信を賭けた親善試合だ。ウェンブリーでプレーするということは特別にやる気を駆り立てて、代表チームはこの試合をものすごく楽しみにしているよ。
トレーニング中も、チームメートたちは僕にイングランドの選手について質問をして来るんだ。僕は彼らに知っていることを伝えて、少しの幸運を願っているよ。
スロバキアは一試合ごとに成長を遂げているチームで、この試合は僕たちが学ぶという意味で本当に重要なものだ。ロンドンで良いレベルのプレーを見せたいと思っているし、この試合が僕たちにとって休暇なんかではないというところを見せたいと思っている。

先週、僕はリバプール仲間と話をしたんだ。はっきりとしているのは、彼はお互いを助けたりはしないということだ・・・お互い、プロフットボーラーとしてのプロ意識がある。
ドレッシングルームで僕とスティービーはちょっと冗談を言い合ったよ。彼はリバプールですばらしいパフォーマンスを見せている。彼とのバトルはすごく難しいよ。

スロバキアにとって、僕たちが1ゴールでも決めて負けずに試合を終えられたら、それはセンセーショナルだろうね。」

●ウラジミール・ヴァイス監督(Liverpool Daily Post)
「彼(シュクルテル)はルーニーのことをとても良く知っており、試合を通して彼を止められると私は信じている。明日もそれをやってくれると我々は信じているよ。
シュクルテルは非常にタフな選手で、彼はルーニーの扱い方を知っている。彼はイングランド戦で再びそれを見せてくれるだろうと、私は信じている。
彼が最高のパフォーマンスを見せてくれることを、我々は願っている。彼はちょうどスロバキアの年間最優秀選手賞を獲得したばかりで、それは彼の自信を大きく増してくれるだろう。

彼(ルーニー)は優れた選手だ。今回は親善試合だから、彼のパフォーマンスにあまり怒りが見られないことを私は願っているよ。

私が現役の選手だった時に、我々は(イングラント対チェコスロバキア戦で)4-2で敗戦し、ポール・ガスコインが相手にいたことを覚えているよ。明日はもうちょっと良い試合をしたいと思っているが、監督としてここにいるというのは驚くような感覚だね。
明日は威信のかかった試合であり、我々はすばらしい思い出が欲しいと思っている。しかし水曜の試合にはポイントがかかっており、そちらの方が我々にとっては肝心の試合だ。」

-------------------------------------
この親善試合の後、水曜にイングランドはホームでウクライナと、スロバキアはアウェイでチェコと対戦します。どちらのチームも現在グループ首位ですが、スロバキアはこのチェコとの一戦がグループでの大事なゲームになりそうです。その試合に力を溜めておくためにも、今日の試合は2人ともそこそこのところで交代させてもらえると嬉しいんですけどね。キャプテンの場合はそうなりそうですが、シュクルテルはCBだからおそらくフル出場でしょう。クラブの今後のために、ルーニー対策、さらにしっかり学んできてください。
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<「シルバは獲らない」byラファ  | HOME |  「ジェラードはFW」byカペッロ監督>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ