忍者ブログ

   

FIELDS OF ANFIELD ROAD

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今シーズンの対戦は4戦して2分け2敗。CLグループリーグの2試合はどちらも引き気味の戦いをし、結果はドロー。お互いに「引き分けOK」の空気が漂う試合でした。
リーグ戦の方は2戦2敗。勝ちに行ったホームの試合ではDFがドログバにやられて1-4。アウェイの試合はレイナが退場になったこともあり2-0の敗戦と、やや消化不良の出来でした。

今日の試合はラファは勝ちに来るのか、それとも守るのか。個人的には真っ向からぶつかって勝負して欲しいです。スコア的には完敗だったものの、ホームでのリーグ戦の出来は決して悪くなかったと思うので。

●負傷・欠場情報

・チェルシーのグジョンセンは、病気のために欠場。
・エッシェンはひざの怪我で出場が危ぶまれています。マニシェはウェストハム戦のレッドカードで、この試合は出場停止。
・エバートン戦で負傷したツェフの怪我は深刻ではなさそうですが、この試合に出場できるかは微妙。
・ファウラーはカップタイドのため、この試合には出られません。

●アロンソ(Sporting Life)

僕たちは本当に、彼らを打ち負かして決勝でプレーしたい。もし勝つことが出来たら、それは僕にとって特に、すごい後押しになるでしょう。
あの夜(CL準決勝のチェルシー戦=アロンソは累積で出場停止)の雰囲気は信じられないくらいすごかった。あれは本当に、そこにいた人じゃないとわかりませんよ。僕は他のファンと同じようにスタンドに座って、そのテンションを肌で感じました。
あの時、僕たちは決勝に到達できました。僕たちは皆、もう一つの準決勝でも、チェルシーを破ってカーディフに行けると思っています。

●ラファ

(Sporting Life)
1試合だけをするのですから、何だって起こり得ます。彼らと2つのレグを戦うよりは簡単でしょう。
決勝へ駒を進めたいのなら、すばらしい選手たちが必要です。そして幸運なことに、私にはそれがある。だからこそここまで来れたのです。そして今、さらに一つ勝ち上がりたい。
私はベストのチームと対戦するのが好きです。そういう時は、何か大切なもののためにプレーをしていると気づく。格下のチームとやるよりも、私はそういう試合の方を選びます。
カップの勝ち抜き戦は普通の試合とは違う。この種の試合は、ほんの小さなことで勝負が決まる。私たちはそのことをよくわかっています。

私たちは今うまくプレーが出来ており、試合に勝って自信を得ている。厳しい試合になるでしょうが、選手たちは、自分ができるとわかっています。
延長に入るか、ペナルティまでもつれる可能性もありますが、私たちはペナルティキックの練習はしていません。前回そのようなことがあった時にも私たちは練習をしていませんでしたが、結果は勝利でしたからね!

(ガーディアン紙)
非常にシンプルなことです。チェルシーは他のどのクラブよりも、選手に大金を使っている。アブラモビッチはこのチームと共に途方もない仕事をしています。50年もタイトルがなかった後に、彼らは2年連続でリーグタイトルを取ろうとしています。監督はすばらしい仕事をしていますが、私に言わせれば、カギはオーナーですね。ジョン・テリー、フランク・ランパード、ジョゼ・モウリーニョは皆重要ですが、彼らはアブラモビッチなしにはこのようなことは出来なかったでしょう。彼は革命を起こしました。

通常、大金を費やせば、リーグのトップや、大会のトロフィーに近づくことができるものです。スペインではバルセロナやレアル・マドリード、イタリアではユベントスやミランがそうです。それらの国で誰がリーグ優勝していますか?ここでは、それがチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルです。彼らはトップにいなくてはならない。そして私たちは、来年はそこに挑戦します・・・しかし大金がなくては、それは常に困難なことです。例えば、トッテナム・ホットスパーは本当にすばらしいシーズンを送っています。彼らはアーセナルやユナイテッド、チェルシーのような大金は持っていないのですから。

私とモウリーニョとの関係はいたって普通です。お互いこんなに対戦する前はもう少し良かったですけどね。我々は今、試合に勝てるトップチームです。トロフィーに向かって競い合うならば、もう一方の監督とぶつかり合うのは自然なことですよ。

●チェルシー モウリーニョ監督(チェルシー公式HP)

リバプールはとてもうまく守る。彼らは多くのゴールは許していない。リバプール相手に多くのチャンスを作るのは難しいから、チャンスに必ず決めなくてはならない。
彼らはかなりディフェンシブにこようと考えているだろう。チャンスを作るのは非常に難しそうだ。もしその時にチャンスをものにできなかったら、最後にはチャンスを外したことにぐちをこぼす羽目になるだろう。

●チェルシーMF ジェレミ(チェルシー公式HP)

※GKツェフが怪我で出場を危ぶまれていることを受けて
カルロ(クディチーニ)は若い選手じゃない。彼はチェルシーのために何年も大きな試合でプレーをしてきた。この前の試合から、彼は自分がおそらくプレーするかも知れないとわかっている。だから準備はできているし、チェルシーが決勝に勝ち抜く助けになるだろう。
--------------------------------------------------------------------
ラファのコメントはソースが二つありますので、長くなってしまいました。アブラモビッチのくだりはめずらしくやや毒入り(笑)。
対するモウリーニョさんからも、「リバプールなんか特に意識してないね。」という彼らしいかっこいい(皮肉じゃないですよ)前日コメントが出ています。
それに関しては、ロンドン在住のチェルシーファンの方がブログの中で訳されていらっしゃいますので、こちら(すべてが蒼に染まるまで)をご参照ください。
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(05/20)
100
(04/16)
(04/15)
(03/01)
NAO
(02/28)
プロフィール
HN:
フニクラ
性別:
非公開
趣味:
サッカーを見ること。
自己紹介:
リバプールを応援しています。
ブログ内検索
携帯はこちらから
<<チェルシー 1-2 リバプール  | HOME |  「オールド・トラフォードはホームのようになる」byヒーピア>>
Copyright ©  -- FIELDS OF ANFIELD ROAD --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ